北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

第一ホテルが保育園 従業員の育児支援 十勝川温泉【音更】

保育園に改修される旧十勝川温泉従業員住宅

 十勝川温泉第一ホテル(林文昭社長)は、十勝川温泉地区で働く子育て世代の従業員の支援を目的に、旧十勝川温泉従業員住宅を改修し、来年4月に企業主導型保育園を開設する。従業員以外の子どもを受け入れる「地域枠」も設ける。12月にプレオープンする。

 保育園の名称は「もーるの森こども園」。定員は19人、うち地域枠は9人。1歳から未就学児までを受け入れる。無休で、開所時間は午前8時~午後7時。午後9時までの2時間は延長保育にも対応する。

 給食も提供。保育料は地域枠で1歳児2万5000円(月額)、2、3歳児2万円、4歳児以上2万2000円。一時預かり保育も行う。

 病院や企業内の保育施設の企画・運営を手掛ける「ふれ愛チャイルド」(札幌)に運営を委託する。管内では帯広厚生病院(帯広)、音更宏明館病院(音更)、十勝の杜病院(幕別)などで実績がある。保育事業では体操・英語・音楽教室のほか、習字やアートなど多彩なカリキュラムを計画している。

 旧従業員住宅は鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積は約1222平方メートル。3月に所有する町から土地・建物を取得した。

 保育園は1階部分を使用。1歳児用のほふく室、2~5歳児の年齢別保育室のほか、共有スペースとして遊戯室、多目的室、ランチルーム、調理室を配置。2、3階は学童保育や十勝川温泉地区の季節労働者、ガイドの宿泊などで活用する。

 改修工事は9月に着工。住宅取得費を含む総事業費は4976万円。内閣府の企業主導型保育事業補助金を活用する(採択済み)。現在、連携企業先と地域枠の園児を募集している。

 同ホテルの岸本緒子営業推進課支配人は「十勝川温泉地区の子育て環境の向上と人材確保が目的。良い保育園があるから温泉地区で働きたい-と思えるような施設を目指したい」と話している。

 問い合わせは第一ホテル業務課(0155・46・2233)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...