北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

小学生の参加を重点に【浦河】

池田町長(左)らに応援ツアーについて説明する蘇田君(左から3人目)ら

 浦河町教委が11月に予定しているJリーグの「北海道コンサドーレ札幌応援ツアー」に多くの町民が参加するための方策について、浦河高課題研究グループの3年生6人が4日、役場を訪れ、ツアーの集客アイディアをサッカー好きの池田拓町長、浅野浩嗣教育長に提案した。特に小学生の参加を重点にしている。

 コンサドーレの応援ツアーは有志の応援会なども実施しているが、ファン以外の一般町民の参加は、毎回ごくわずかという。

 スポーツをテーマにした同校の課題研究グループは、1学期からこれまで9回18時間に及ぶ調査や分析を重ね、プロ野球の北海道日本ハムファイターズとコンサドーレの応援ツアーへの集客方法について議論を重ねてきた。

 小石川辰徳君(18)、山口拓飛君(同)、松尾幸平君(17)、水川夏希さん(17)、手塚音々さん(18)らの研究グループは、集客のポイントとして「勝つ試合」「特典」「自分たちで声をかける」の3点に絞り、グループ代表でサッカー部員だった蘇田康生君(17)が町長らに説明。

 これまでのコンサドーレの対戦データを分析し、今後予定されるホーム試合で勝つ確率が高いのは、「11月4日のベガルタ仙台戦」と結論。

 同試合は日曜に行われ、小学生を中心にサッカーを知らない人、興味があまりない町民もホームの試合で勝って盛り上がることで、今後の応援ツアーの集客にもつながると期待する。

 特典は、コンサドーレに対し応援参加者へのプレゼントや抽選会、撮影会などを要望。今回は特に小学生に試合を観戦してもらうため生徒たちが自ら動き、各小学校にチラシをもって参加を呼び掛ける予定だ。

 町教委の問い合わせにコンサドーレからは、当日の選手入場時に浦河高生徒の参加を提案したが、応援ツアーの集客と趣旨が違うため断ったという。ベガルタ戦は、昨年も来場者にユニホームやTシャツなどを配布しているスポンサーが主催する。

 町職員時代に何度もコンサドーレ戦に足を運んでいる池田町長は「当日は試合に集中しているので、出場選手との撮影会は無理だろう」とし、今後を見据え「U18や16の若い選手たちを浦河に招待し、子どもたちと交流しては」と生徒や町教委担当者に逆提案していた。

 町教委によると、高校生からの提案で実施する11月のベガルタ戦ツアーは、45人乗りのバス1台を予定していたが、生徒からの要望で2台に増やし、今後も同校と連携しながらツアー内容を企画するという。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...