北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

小学生の参加を重点に【浦河】

池田町長(左)らに応援ツアーについて説明する蘇田君(左から3人目)ら

 浦河町教委が11月に予定しているJリーグの「北海道コンサドーレ札幌応援ツアー」に多くの町民が参加するための方策について、浦河高課題研究グループの3年生6人が4日、役場を訪れ、ツアーの集客アイディアをサッカー好きの池田拓町長、浅野浩嗣教育長に提案した。特に小学生の参加を重点にしている。

 コンサドーレの応援ツアーは有志の応援会なども実施しているが、ファン以外の一般町民の参加は、毎回ごくわずかという。

 スポーツをテーマにした同校の課題研究グループは、1学期からこれまで9回18時間に及ぶ調査や分析を重ね、プロ野球の北海道日本ハムファイターズとコンサドーレの応援ツアーへの集客方法について議論を重ねてきた。

 小石川辰徳君(18)、山口拓飛君(同)、松尾幸平君(17)、水川夏希さん(17)、手塚音々さん(18)らの研究グループは、集客のポイントとして「勝つ試合」「特典」「自分たちで声をかける」の3点に絞り、グループ代表でサッカー部員だった蘇田康生君(17)が町長らに説明。

 これまでのコンサドーレの対戦データを分析し、今後予定されるホーム試合で勝つ確率が高いのは、「11月4日のベガルタ仙台戦」と結論。

 同試合は日曜に行われ、小学生を中心にサッカーを知らない人、興味があまりない町民もホームの試合で勝って盛り上がることで、今後の応援ツアーの集客にもつながると期待する。

 特典は、コンサドーレに対し応援参加者へのプレゼントや抽選会、撮影会などを要望。今回は特に小学生に試合を観戦してもらうため生徒たちが自ら動き、各小学校にチラシをもって参加を呼び掛ける予定だ。

 町教委の問い合わせにコンサドーレからは、当日の選手入場時に浦河高生徒の参加を提案したが、応援ツアーの集客と趣旨が違うため断ったという。ベガルタ戦は、昨年も来場者にユニホームやTシャツなどを配布しているスポンサーが主催する。

 町職員時代に何度もコンサドーレ戦に足を運んでいる池田町長は「当日は試合に集中しているので、出場選手との撮影会は無理だろう」とし、今後を見据え「U18や16の若い選手たちを浦河に招待し、子どもたちと交流しては」と生徒や町教委担当者に逆提案していた。

 町教委によると、高校生からの提案で実施する11月のベガルタ戦ツアーは、45人乗りのバス1台を予定していたが、生徒からの要望で2台に増やし、今後も同校と連携しながらツアー内容を企画するという。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...