北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

小学生の参加を重点に【浦河】

池田町長(左)らに応援ツアーについて説明する蘇田君(左から3人目)ら

 浦河町教委が11月に予定しているJリーグの「北海道コンサドーレ札幌応援ツアー」に多くの町民が参加するための方策について、浦河高課題研究グループの3年生6人が4日、役場を訪れ、ツアーの集客アイディアをサッカー好きの池田拓町長、浅野浩嗣教育長に提案した。特に小学生の参加を重点にしている。

 コンサドーレの応援ツアーは有志の応援会なども実施しているが、ファン以外の一般町民の参加は、毎回ごくわずかという。

 スポーツをテーマにした同校の課題研究グループは、1学期からこれまで9回18時間に及ぶ調査や分析を重ね、プロ野球の北海道日本ハムファイターズとコンサドーレの応援ツアーへの集客方法について議論を重ねてきた。

 小石川辰徳君(18)、山口拓飛君(同)、松尾幸平君(17)、水川夏希さん(17)、手塚音々さん(18)らの研究グループは、集客のポイントとして「勝つ試合」「特典」「自分たちで声をかける」の3点に絞り、グループ代表でサッカー部員だった蘇田康生君(17)が町長らに説明。

 これまでのコンサドーレの対戦データを分析し、今後予定されるホーム試合で勝つ確率が高いのは、「11月4日のベガルタ仙台戦」と結論。

 同試合は日曜に行われ、小学生を中心にサッカーを知らない人、興味があまりない町民もホームの試合で勝って盛り上がることで、今後の応援ツアーの集客にもつながると期待する。

 特典は、コンサドーレに対し応援参加者へのプレゼントや抽選会、撮影会などを要望。今回は特に小学生に試合を観戦してもらうため生徒たちが自ら動き、各小学校にチラシをもって参加を呼び掛ける予定だ。

 町教委の問い合わせにコンサドーレからは、当日の選手入場時に浦河高生徒の参加を提案したが、応援ツアーの集客と趣旨が違うため断ったという。ベガルタ戦は、昨年も来場者にユニホームやTシャツなどを配布しているスポンサーが主催する。

 町職員時代に何度もコンサドーレ戦に足を運んでいる池田町長は「当日は試合に集中しているので、出場選手との撮影会は無理だろう」とし、今後を見据え「U18や16の若い選手たちを浦河に招待し、子どもたちと交流しては」と生徒や町教委担当者に逆提案していた。

 町教委によると、高校生からの提案で実施する11月のベガルタ戦ツアーは、45人乗りのバス1台を予定していたが、生徒からの要望で2台に増やし、今後も同校と連携しながらツアー内容を企画するという。

関連記事

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...

室蘭民報

室民本社主催の新聞コン表彰式、充実紙面に高い評価【室蘭】

 室蘭民報社、モルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が21日、モルエ中島で開かれた。各賞に選ばれた児童、生...

室蘭民報

全国高校サッカー北海道大会で大谷室蘭が全国逃す【札幌】

 第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会は21日、札幌厚別公園競技場で決勝が行われた。大谷室蘭は3連覇を狙う旭川実業に1―2で逆転負けを喫し、2年連続の準優勝に終わった。快進撃を続けたイレブ...

室蘭民報

室民杯ママさんバレーで伊達東が笑顔のV2サイン【伊達】

 第10回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が21日、伊達市総合体育館(市内松ヶ枝町)であった。昨年より3チーム多い11チームが熱戦を繰り広げた...

室蘭民報

登別温泉旅館組合が胆振東部地震の被災住民を招待【登別】

 被災者に登別が誇る温泉でくつろいでもらい、震災に伴う心身の疲労を取り除いてほしい―とバス会社3社と旅行会社のJTBの協力を得て実現した。  被災者の20人はバスで同日午後0時半ごろ登別温泉に到...