北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

開幕作品決定 イルミナシオン映画祭【函館】

刷り上がったポスターを手に来場を呼び掛ける実行委

 函館港イルミナシオン映画祭実行委(米田哲平委員長)は第24回映画祭(12月7~9日、函館山ロープウェイ展望台クレモナホールなど3会場)のオープニング上映作品を「止められるか、俺たちを」に決定した。また、初のショートムービーコンペティションには100点を超す応募があった。  オープニング上映される「止められるか、俺たちを」は、故若松孝二監督と彼を取り巻く人々をテーマとしている。同映画祭では、同監督の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」など5作品を上映し、そのうち4回は函館を訪れており、ゆかりが深い。米田実行委員長は「(オープニングは)この作品が最もふさわしいと思う。似ても似つかない容姿のはずの俳優・井浦新さんがだんだん若松監督に見えてくるので楽しんでいただければ」と話した。  同映画祭は、映画や映画に関係する人々の発掘・発信を目的に1995年から開催。期間中は上演作品の監督や出演者など多くのゲストが訪れる。今年で22回目を迎える脚本コンペティション「シナリオ大賞」は今まで長辺短編あわせ13作品が映画化され「映画を創る映画祭」として注目されている。  問い合わせは同実行委函館事務局(0138・22・1037)。  ◇  また、9月末には第1回ショートムービーコンペティションの募集を締め切った。国内外から合計125作品の力作が集まった。  若手映像作家の登竜門に―と、8月1日から9月30日までの2か月間募集。応募条件はテレビや動画サイトなどで公開されておらず、10分以上~30分以内の作品。実行委が、応募125作品から10本ほどを選び、12月8日に市公民館で上演。来場した観客の投票でグランプリ1作品を選ぶ。グランプリ作品は同映画祭最終日に函館山ロープウェイ展望台クレモナホールで上映される。  応募作は日本人監督のものはもちろん、台湾など海外からの応募も多く、他のショートフィルムコンテストなどで受賞した作品も含まれている。  同企画の担当で自身も映画監督の米谷志緒さん(40)は「見ごたえのある作品がたくさん。ここから厳選した10本がおもしろくないはずがないので、ぜひ観に来て投票に参加してほしい」と来場を呼び掛けている。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...