北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

開幕作品決定 イルミナシオン映画祭【函館】

刷り上がったポスターを手に来場を呼び掛ける実行委

 函館港イルミナシオン映画祭実行委(米田哲平委員長)は第24回映画祭(12月7~9日、函館山ロープウェイ展望台クレモナホールなど3会場)のオープニング上映作品を「止められるか、俺たちを」に決定した。また、初のショートムービーコンペティションには100点を超す応募があった。  オープニング上映される「止められるか、俺たちを」は、故若松孝二監督と彼を取り巻く人々をテーマとしている。同映画祭では、同監督の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」など5作品を上映し、そのうち4回は函館を訪れており、ゆかりが深い。米田実行委員長は「(オープニングは)この作品が最もふさわしいと思う。似ても似つかない容姿のはずの俳優・井浦新さんがだんだん若松監督に見えてくるので楽しんでいただければ」と話した。  同映画祭は、映画や映画に関係する人々の発掘・発信を目的に1995年から開催。期間中は上演作品の監督や出演者など多くのゲストが訪れる。今年で22回目を迎える脚本コンペティション「シナリオ大賞」は今まで長辺短編あわせ13作品が映画化され「映画を創る映画祭」として注目されている。  問い合わせは同実行委函館事務局(0138・22・1037)。  ◇  また、9月末には第1回ショートムービーコンペティションの募集を締め切った。国内外から合計125作品の力作が集まった。  若手映像作家の登竜門に―と、8月1日から9月30日までの2か月間募集。応募条件はテレビや動画サイトなどで公開されておらず、10分以上~30分以内の作品。実行委が、応募125作品から10本ほどを選び、12月8日に市公民館で上演。来場した観客の投票でグランプリ1作品を選ぶ。グランプリ作品は同映画祭最終日に函館山ロープウェイ展望台クレモナホールで上映される。  応募作は日本人監督のものはもちろん、台湾など海外からの応募も多く、他のショートフィルムコンテストなどで受賞した作品も含まれている。  同企画の担当で自身も映画監督の米谷志緒さん(40)は「見ごたえのある作品がたくさん。ここから厳選した10本がおもしろくないはずがないので、ぜひ観に来て投票に参加してほしい」と来場を呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...