北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

わがまち発信賞に入った、小池キャプテン(前列中央)ら帯南商のメンバー

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ」は4席の「わがまち発信賞」に選ばれた。

 実行委員会(会長・荒川義人札幌保健医療大栄養学科教授)主催。今年は道内14校が応募し、1次選考を通過した11校が本選に出場。当初は同日開催の「食べるたいせつフェスティバル」会場で開催し販売も予定していたが、台風接近に伴い、同館でコンテストのみ実施。雑穀クリエーターの栂安信子さん(帯広)ら6人の審査員を前に、生徒たちは料理のこだわりや特色をプレゼンした。

 帯南商高のメニューは、豚丼風のコロッケをチャパティに包み、2015年に大手コンビニで期間限定で販売された「とんチャパ」をアレンジ。「トォータルフーズ」(帯広)の協力でコロッケが市の給食にも出された。小池菜月キャプテン(3年)は「大賞を狙っていたので悔しいが、地域の魅力をしっかり発信できた」と話していた。

 最高の「チャレンジグルメ大賞(道知事賞)」には、特産のニシンと昆布を使った羅臼高校の「らうすコロッと飯」が輝いた。三浦晃慎キャプテン(3年)は「昨年は準グランプリだったのでうれしい」と笑顔。商品企画賞も獲得し、砂川高の「ポークレープ」とともに飲食店経営の「タフスコーポレーション」(札幌)で採用される。

 標茶高の「鹿肉のベーグルサンド」はコープさっぽろで商品化される予定。準グランプリは、札幌大球(キャベツ)を使った札幌大通高の「さっぽろーる」だった。販売予定だったメニューは、胆振東部地震で被災した胆振管内むかわ町に寄贈された。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...

十勝毎日新聞

十勝産のコラボ弁当 帯南商と福原 販売【帯広】

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

十勝毎日新聞

ウチダザリガニおいしく変身 ラーメンやおかきに【鹿追】

 生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。然別湖生物多様性保全協議会(会長・吉田弘志鹿追町長)が開発した粉末状ザリガニパウダ...

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JA...