北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

わがまち発信賞に入った、小池キャプテン(前列中央)ら帯南商のメンバー

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ」は4席の「わがまち発信賞」に選ばれた。

 実行委員会(会長・荒川義人札幌保健医療大栄養学科教授)主催。今年は道内14校が応募し、1次選考を通過した11校が本選に出場。当初は同日開催の「食べるたいせつフェスティバル」会場で開催し販売も予定していたが、台風接近に伴い、同館でコンテストのみ実施。雑穀クリエーターの栂安信子さん(帯広)ら6人の審査員を前に、生徒たちは料理のこだわりや特色をプレゼンした。

 帯南商高のメニューは、豚丼風のコロッケをチャパティに包み、2015年に大手コンビニで期間限定で販売された「とんチャパ」をアレンジ。「トォータルフーズ」(帯広)の協力でコロッケが市の給食にも出された。小池菜月キャプテン(3年)は「大賞を狙っていたので悔しいが、地域の魅力をしっかり発信できた」と話していた。

 最高の「チャレンジグルメ大賞(道知事賞)」には、特産のニシンと昆布を使った羅臼高校の「らうすコロッと飯」が輝いた。三浦晃慎キャプテン(3年)は「昨年は準グランプリだったのでうれしい」と笑顔。商品企画賞も獲得し、砂川高の「ポークレープ」とともに飲食店経営の「タフスコーポレーション」(札幌)で採用される。

 標茶高の「鹿肉のベーグルサンド」はコープさっぽろで商品化される予定。準グランプリは、札幌大球(キャベツ)を使った札幌大通高の「さっぽろーる」だった。販売予定だったメニューは、胆振東部地震で被災した胆振管内むかわ町に寄贈された。

関連記事

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...

室蘭民報

壮瞥のリンゴを使用したワイン来年2月販売へ【壮瞥】

 壮瞥町内の農商工業者、観光関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委」(川南和彦委員長)は、町内産のリンゴを使ったワインを来年2月に販売する。シードル(リンゴ酒)に続く企画で特産のリンゴの...

室蘭民報

カネサン佐藤水産でイクラ醤油漬けの製造本格化【室蘭】

 水産加工のカネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)は、旬の道産イクラを使った醤油(しょうゆ)漬け「いくら醤油味 有機」の製造を本格化させている。宝石のように輝くイクラが鮮やか。 ...

室蘭民報

母恋めし本舗の道産蜂蜜ブルーベリーが人気【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、ブルーベリーの蜂蜜漬け「ブルーベリー畑のハニーちゃん」を発売した。壮瞥や稀府など胆振産のブルーベリーを道産蜂蜜に漬けたもので、ヨーグルトやソーダ...

十勝毎日新聞

清水高考案菓子 セコマで 21日ごろまで販売【札幌】

 道内の高校生を対象としたスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2018」(8月5日、三笠市)で入賞した4商品が1日、セイコーマート全店で発売された。清水高校の生徒による「濃厚ク...