北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

わがまち発信賞に入った、小池キャプテン(前列中央)ら帯南商のメンバー

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ」は4席の「わがまち発信賞」に選ばれた。

 実行委員会(会長・荒川義人札幌保健医療大栄養学科教授)主催。今年は道内14校が応募し、1次選考を通過した11校が本選に出場。当初は同日開催の「食べるたいせつフェスティバル」会場で開催し販売も予定していたが、台風接近に伴い、同館でコンテストのみ実施。雑穀クリエーターの栂安信子さん(帯広)ら6人の審査員を前に、生徒たちは料理のこだわりや特色をプレゼンした。

 帯南商高のメニューは、豚丼風のコロッケをチャパティに包み、2015年に大手コンビニで期間限定で販売された「とんチャパ」をアレンジ。「トォータルフーズ」(帯広)の協力でコロッケが市の給食にも出された。小池菜月キャプテン(3年)は「大賞を狙っていたので悔しいが、地域の魅力をしっかり発信できた」と話していた。

 最高の「チャレンジグルメ大賞(道知事賞)」には、特産のニシンと昆布を使った羅臼高校の「らうすコロッと飯」が輝いた。三浦晃慎キャプテン(3年)は「昨年は準グランプリだったのでうれしい」と笑顔。商品企画賞も獲得し、砂川高の「ポークレープ」とともに飲食店経営の「タフスコーポレーション」(札幌)で採用される。

 標茶高の「鹿肉のベーグルサンド」はコープさっぽろで商品化される予定。準グランプリは、札幌大球(キャベツ)を使った札幌大通高の「さっぽろーる」だった。販売予定だったメニューは、胆振東部地震で被災した胆振管内むかわ町に寄贈された。

関連記事

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...

室蘭民報

並んでも食べたい老舗飲食店の「室蘭名物」に舌鼓【室蘭】

 大型連休中の4月30日、室蘭市中央町の老舗飲食店には、帰省した人や観光客が続々と訪れた。出入り口前には、長い列ができ、地元の名物や懐かしい味に舌鼓を打った。 大王は定休日返上  味の大王室...

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びていると...