北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

わがまち発信賞に入った、小池キャプテン(前列中央)ら帯南商のメンバー

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ」は4席の「わがまち発信賞」に選ばれた。

 実行委員会(会長・荒川義人札幌保健医療大栄養学科教授)主催。今年は道内14校が応募し、1次選考を通過した11校が本選に出場。当初は同日開催の「食べるたいせつフェスティバル」会場で開催し販売も予定していたが、台風接近に伴い、同館でコンテストのみ実施。雑穀クリエーターの栂安信子さん(帯広)ら6人の審査員を前に、生徒たちは料理のこだわりや特色をプレゼンした。

 帯南商高のメニューは、豚丼風のコロッケをチャパティに包み、2015年に大手コンビニで期間限定で販売された「とんチャパ」をアレンジ。「トォータルフーズ」(帯広)の協力でコロッケが市の給食にも出された。小池菜月キャプテン(3年)は「大賞を狙っていたので悔しいが、地域の魅力をしっかり発信できた」と話していた。

 最高の「チャレンジグルメ大賞(道知事賞)」には、特産のニシンと昆布を使った羅臼高校の「らうすコロッと飯」が輝いた。三浦晃慎キャプテン(3年)は「昨年は準グランプリだったのでうれしい」と笑顔。商品企画賞も獲得し、砂川高の「ポークレープ」とともに飲食店経営の「タフスコーポレーション」(札幌)で採用される。

 標茶高の「鹿肉のベーグルサンド」はコープさっぽろで商品化される予定。準グランプリは、札幌大球(キャベツ)を使った札幌大通高の「さっぽろーる」だった。販売予定だったメニューは、胆振東部地震で被災した胆振管内むかわ町に寄贈された。

関連記事

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

中島で食べ歩き、第2弾「街バル」がスタート【室蘭】

 室蘭市中島地区全体を会場に見立て、飲食店街を食べ歩くグルメイベント「中島街バル2019」が19日、同地区の23店舗で始まり、市民らが参加店をはしごし自慢の料理と酒を楽しんだ。21日まで。 ...

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...