北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭の3施設で夏まつり…楽しいひととき【室蘭】

コンパニア・デ・マンドリーナが演奏した室蘭太平洋病院の夏祭り

◆――室蘭太平洋病院

 室蘭太平洋病院(伊藤真義院長)の夏祭りが19日、室蘭市白鳥台の同病院で開かれ、入院患者やその家族ら約100人が集まって音楽の演奏を聞いたり、輪投げなどゲームをして夏の楽しいひとときを過ごしていた。

 夏祭りでは、マンドリンを中心に演奏活動を行うコンパニア・デ・マンドリーナ(蛭田進一代表)の12人が同病院を訪れ「真珠とりのタンゴ」「命くれない」など10曲を披露。「青い山脈」「四季の歌」の演奏では歌詞カードを配り、来場者は口ずさんだり、リズムを取ったりしていた。

 演奏会後、参加者は糸引きや輪投げで遊び、景品を当てて楽しんだ。

さわやか室蘭館の夏祭りで食事を楽しむ家族と利用者ら

◆――さわやか室蘭館

 室蘭市幸町の介護付き有料老人ホーム「さわやか室蘭館」(相馬利春施設長)は17日、夏祭りを実施し、高齢者と家族らが手作りの食事や吹奏楽演奏などを楽しんだ。

 夏の思い出をつくってもらおうと今年で3回目の企画。施設入り口には焼き鳥を焼くコンロが並び、中ではビールやみそおでん、白玉ぜんざい、おにぎり、けんちん汁など9種類の手作り料理を振る舞い、利用者と家族らが味わった。

 ホールでは北海道大谷室蘭高校吹奏楽部の演奏が祭りを盛り上げた。同館の行事・レク委員長の今井要さんは「家族と利用者の皆さんが思い思いに夏を感じてもらえました」と話した。

楽しいステージが入所者を喜ばせた白鳥ハイツとしらかば町会の夏祭り

◆――室蘭・白鳥ハイツとしらかば町会共催

 室蘭市白鳥台の特別養護老人ホーム白鳥ハイツ(柳井紀江施設長)としらかば町会(小田中稔会長)共催の夏祭りが16日、同施設で行われ、入所者と地域住民が縁日など「夏の風物詩」を楽しんだ。

 室蘭、伊達両市の看護学生や室蘭東翔高校の野球部53人がボランティアとして関わったかき氷や綿あめなどの露店、デイサービスセンター白鳥ハイツのホールで行われた民謡や同施設職員による踊りがお年寄りを楽しませた。

 アフロのかつらをかぶった同施設の職員3人は音楽に合わせ「マツケンサンバ2」を踊った。マラカスを鳴らし、跳びはねるユニークなダンスに入所者の笑顔が広がっていた。

関連記事

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊...

室蘭民報

「カヌー好き増えて」…首藤さんがB&Gに寄贈【室蘭】

 室蘭のカヌー愛好家、首藤光宏さん(71)が、室蘭市B&G海洋センターにカヌーを寄贈した。B&Gは、親子連れや大人向けの教室を毎年開催するなどカヌーの普及に注力。首藤さんは「これを機に室蘭でも...

室蘭民報

室蘭市が「浜焼き」など19年度に実証実験【室蘭】

 「食」「アクティビティ(体験)」「特産品・お土産」の観点から既存の観光資源を組み合わせ地域活性化を図る、道の「稼ぐ観光」具体化実践モデル事業の第2回検討会議が19日、室蘭市役所で開かれ、事務...

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...