北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「アイヌへの関心高まる」 シンポジウム【帯広】

アイヌ文化の伝承などについて語り合った(左から)中川氏、荒田氏、内田氏

 シンポジウム「アイヌに学ぶ明日へのチカラ」(十勝毎日新聞社主催)が8日、帯広市内のとかちプラザ・アトリウムで開かれ、参加者がアイヌ文化への理解を深め、次代へ伝承していく大切さを考えた。

 市民ら約70人が来場。オープニングで帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)が「剣の舞」などアイヌ古式舞踊を披露し、同会の荒田裕樹氏、千葉大文学部教授でアイヌ語研究者の中川裕氏、国立アイヌ民族博物館設立準備室調査官の内田祐一氏の3人が登壇して語り合った。中川氏は「ここ2、3年アイヌ文化への関心が高まっている」と指摘し、舞踊を伝承する荒田氏は「自分もアイヌとして生まれた使命感がある。いろいろな人に見てもらい、素晴らしいと思ってもらえれば」と踊りへの思いを語った。2020年に胆振管内白老町に開設される国立アイヌ文化博物館について、内田氏は「国が設置する意義は大きい。ここから始まると思っている」と話した。保存会の中で最も歴史のある同会に対しては、「小さい子からお年寄りまでいて、伝承が伝統的にされている。いろいろな文化伝承がこれから盛んになるといい」と期待を寄せた。アイヌ文化が登場する人気漫画「ゴールデンカムイ」を監修する中川氏は「アイヌの存在に全く興味のなかった人たちが『聖地巡礼』で白老などに来ている。アニメや漫画の普及啓発の効果は絶大だ」と新しい層に理解を広める大切さを語った。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...