北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「アイヌへの関心高まる」 シンポジウム【帯広】

アイヌ文化の伝承などについて語り合った(左から)中川氏、荒田氏、内田氏

 シンポジウム「アイヌに学ぶ明日へのチカラ」(十勝毎日新聞社主催)が8日、帯広市内のとかちプラザ・アトリウムで開かれ、参加者がアイヌ文化への理解を深め、次代へ伝承していく大切さを考えた。

 市民ら約70人が来場。オープニングで帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)が「剣の舞」などアイヌ古式舞踊を披露し、同会の荒田裕樹氏、千葉大文学部教授でアイヌ語研究者の中川裕氏、国立アイヌ民族博物館設立準備室調査官の内田祐一氏の3人が登壇して語り合った。中川氏は「ここ2、3年アイヌ文化への関心が高まっている」と指摘し、舞踊を伝承する荒田氏は「自分もアイヌとして生まれた使命感がある。いろいろな人に見てもらい、素晴らしいと思ってもらえれば」と踊りへの思いを語った。2020年に胆振管内白老町に開設される国立アイヌ文化博物館について、内田氏は「国が設置する意義は大きい。ここから始まると思っている」と話した。保存会の中で最も歴史のある同会に対しては、「小さい子からお年寄りまでいて、伝承が伝統的にされている。いろいろな文化伝承がこれから盛んになるといい」と期待を寄せた。アイヌ文化が登場する人気漫画「ゴールデンカムイ」を監修する中川氏は「アイヌの存在に全く興味のなかった人たちが『聖地巡礼』で白老などに来ている。アニメや漫画の普及啓発の効果は絶大だ」と新しい層に理解を広める大切さを語った。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...