北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

進路選びの参考に…壮瞥中3年生が室工大で実習【室蘭】

鋳造実習を行い、大学の雰囲気を味わった壮瞥中の生徒たち

 壮瞥中学校(深松一宏校長)の3年生17人が9日、上級学校訪問で室蘭市水元町の室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)を訪れ、実習や見学を通じて大学の雰囲気を感じ取り、進路選びの参考にしていた。

 進路学習の一環。将来のことを見据えて1年生は壮瞥高校訪問、2年生は職業体験、3年生は同大訪問を毎年行っている。同大のものづくり基盤センターでは、センター長の清水一道教授が大学の特徴やものづくりと歴史の関わりなどを説明した後、鋳造体験を行った。道内の市町村のカントリーサインの中から好きなデザインを選び、砂で型を作り、溶けたスズを流し込んで完成させた。

 そのほか、生徒たちはロボットアリーナ見学や学生食堂で昼食を取るなど、大学生気分を味わっていた。西園元登さん(14)は「将来は大学進学を考えている。大学では、どんなことを学んでいるかが分かりました」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...