北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

西胆振から2校出場、高校サッカー道予選が13日開幕

全国を目指して練習に汗を流す大谷室蘭

連係の確認に余念がない伊達緑丘

 帯広市などで13日に開幕する第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会に西胆振から大谷室蘭、伊達緑丘が出場する。両校は道内強豪の打倒を目指し、帯広に乗り込む。

 大会には28チームが出場。15日まで帯広の森球技場などで3回戦までが行われ、20、21日に札幌厚別公園競技場で準決勝、決勝が行われる。大谷室蘭は網走南ヶ丘、伊達緑丘は駒大苫と13日に初戦を迎える。

 大谷室蘭はぎりぎりまでチーム戦術の確認を続ける。今季はプリンスリーグ北海道で苦戦が続いたが、コンビネーションや球際の競り合いを磨き、最終節は勝利で終えた。引間大聖主将(3年)は「悔しい思いもしてきたけど選手権につながる戦いができた。勝ちにこだわりたい」と意気込む。及川真行監督は「引間が試合でも意識を高くやってくれている。優勝だけを目指す」と気を引き締める。

 2年連続出場となる伊達緑丘。プリンスを4位で終えた駒大苫が相手とあって練習にも力が入る。FW三浦悠騎(3年)は昨年の選手権道予選で逆転負けする悔しさをピッチで味わった。「強い相手だけどチャンスをものにしたい」と雪辱を誓う。管野博監督は「気持ちをしっかりつくって試合に入る。相手が強いのでチャレンジするだけ」。必勝の決意で今季の集大成を見せるつもりだ。

高校サッカー道予選組み合わせ

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...