北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

美術協会創立会員・高野氏の画業を一冊に【室蘭】

戦時中のデッサンや晩年のパリ遊学で描いたモダンな油彩が収録されている高野氏の作品集

 室蘭市民美術館をささえる会(丸山貴陸会長)は、室蘭美術協会創立会員で、戦前から室蘭の文化向上に貢献した画家、高野次郎氏(1905~86年)の作品集を作製した。タイトルは「時代を生き抜いた気迫の画家 高野次郎」。戦時中のデッサンや、晩年のパリ遊学で描いたカラフルでモダンな油彩が、約220点収録されている。

 東京都出身で、著名な画家を多く輩出した川端画学校に通った。1925年(大正14年)室蘭の栗林商会に入社。47年(昭和22年)から67年まで5期市議会議員、53年から63年まで議長を務めた。82年室蘭市特別功労者。絵画では35年の室蘭美術協会創立に参画、62年から会長。独立展会友、全道展会員。68年同社を退社し、同年と73年の2回、パリに遊学した。75年から室蘭文化連盟会長。

 遺作の油彩は室蘭市民美術館で13点、ささえる会で350点余りを所有。スケッチブックは150冊を超え、古くは29年の和とじのものもある。スケッチは戦時中の和服姿や防空ずきんをかぶった女性、子どもなど身近な家族や生活、風景が多く描かれている。パリ時代は作品が最も伸びやかな時期で、パリの街並みなどをカラフルにモダンに表現。晩年は住んでいた知利別町の風景や花を描いた。

 高野氏と交流があり、編集作業を担った工藤善蔵館長は「日常的にデッサンしていた勉強家。無駄をそぎ落とし洗練された色彩、構図に高野作品の神髄が見られる」と語る。高野氏が「絵を描きたいという衝動は熱病みたいなもの」と語っていたのが印象的という。

 作品集はA4判、80ページ。300部作製し、市立室蘭図書館など関係機関に寄贈した。工藤館長は「多くの市民にご寄付をいただき完成した」と感謝する。「高野さんは著名な画家と交流を持ち、中央画壇の息吹を室蘭に伝え続けた。その画業を後世に伝えられてうれしい」と笑みを浮かべる。問い合わせは同館、電話0143・22局1124番。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...