北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

美術協会創立会員・高野氏の画業を一冊に【室蘭】

戦時中のデッサンや晩年のパリ遊学で描いたモダンな油彩が収録されている高野氏の作品集

 室蘭市民美術館をささえる会(丸山貴陸会長)は、室蘭美術協会創立会員で、戦前から室蘭の文化向上に貢献した画家、高野次郎氏(1905~86年)の作品集を作製した。タイトルは「時代を生き抜いた気迫の画家 高野次郎」。戦時中のデッサンや、晩年のパリ遊学で描いたカラフルでモダンな油彩が、約220点収録されている。

 東京都出身で、著名な画家を多く輩出した川端画学校に通った。1925年(大正14年)室蘭の栗林商会に入社。47年(昭和22年)から67年まで5期市議会議員、53年から63年まで議長を務めた。82年室蘭市特別功労者。絵画では35年の室蘭美術協会創立に参画、62年から会長。独立展会友、全道展会員。68年同社を退社し、同年と73年の2回、パリに遊学した。75年から室蘭文化連盟会長。

 遺作の油彩は室蘭市民美術館で13点、ささえる会で350点余りを所有。スケッチブックは150冊を超え、古くは29年の和とじのものもある。スケッチは戦時中の和服姿や防空ずきんをかぶった女性、子どもなど身近な家族や生活、風景が多く描かれている。パリ時代は作品が最も伸びやかな時期で、パリの街並みなどをカラフルにモダンに表現。晩年は住んでいた知利別町の風景や花を描いた。

 高野氏と交流があり、編集作業を担った工藤善蔵館長は「日常的にデッサンしていた勉強家。無駄をそぎ落とし洗練された色彩、構図に高野作品の神髄が見られる」と語る。高野氏が「絵を描きたいという衝動は熱病みたいなもの」と語っていたのが印象的という。

 作品集はA4判、80ページ。300部作製し、市立室蘭図書館など関係機関に寄贈した。工藤館長は「多くの市民にご寄付をいただき完成した」と感謝する。「高野さんは著名な画家と交流を持ち、中央画壇の息吹を室蘭に伝え続けた。その画業を後世に伝えられてうれしい」と笑みを浮かべる。問い合わせは同館、電話0143・22局1124番。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...