北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

屋外看板の安全確認 美原地区でパトロール【函館】

高所作業車で突き出し看板の表面をはがし、内部を点検する函館屋外広告業協同組合の組合員

 函館市と函館屋外広告業協同組合(福嶋聖理事長)は11日、美原地区で店舗の看板などの状態を調査する合同パトロールを実施した。4年目の今年は初めて、高所作業車で一部の屋外看板をはがして内部を詳細に点検し、安全を確認した。

 屋外広告物適正化旬間(9月1~10日)に合わせた取り組み。良好な景観形成のために定めた屋外広告物条例に基づき、看板の設置基準や安全対策などを周知啓発する狙い。9月に予定していたが、荒天のためこの日に延期した。

 作業車を使った調査は、協立消化器循環器病院(美原3)で実施。ビルの外壁などに設置する「突き出し看板」は、内部の腐食程度が目視では分からないため、同病院の協力を得て、高さ9・5メートル、幅1・6メートルの看板を実際に取り外して点検。設置後15年ほどが経過していたが、接合部などに問題はなかった。 

 このほか、市の職員と組合員ら約15人が、道道函館上磯線(産業道路)沿いの店舗を訪れ、看板の許可申請の方法などを記載したパンフレットを従業員に手渡した。福嶋理事長は「突き出し看板を設置している事業者の協力を得ながら、今後も3年に1回程度の割合で詳細な点検をしたい」と話した。

関連記事

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

苫小牧民報

ネイチャー研究会inむかわ、前田一歩園賞に 支えてくれた町民「いい知らせ..

 道内の自然環境の保全などに功績のあった団体や個人に贈られる今年度の前田一歩園賞に、むかわ町で活動する自然観察グループ「ネイチャー研究会inむかわ」が選ばれた。メンバーたちは、多くの町民に支えら...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...