北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

屋外看板の安全確認 美原地区でパトロール【函館】

高所作業車で突き出し看板の表面をはがし、内部を点検する函館屋外広告業協同組合の組合員

 函館市と函館屋外広告業協同組合(福嶋聖理事長)は11日、美原地区で店舗の看板などの状態を調査する合同パトロールを実施した。4年目の今年は初めて、高所作業車で一部の屋外看板をはがして内部を詳細に点検し、安全を確認した。

 屋外広告物適正化旬間(9月1~10日)に合わせた取り組み。良好な景観形成のために定めた屋外広告物条例に基づき、看板の設置基準や安全対策などを周知啓発する狙い。9月に予定していたが、荒天のためこの日に延期した。

 作業車を使った調査は、協立消化器循環器病院(美原3)で実施。ビルの外壁などに設置する「突き出し看板」は、内部の腐食程度が目視では分からないため、同病院の協力を得て、高さ9・5メートル、幅1・6メートルの看板を実際に取り外して点検。設置後15年ほどが経過していたが、接合部などに問題はなかった。 

 このほか、市の職員と組合員ら約15人が、道道函館上磯線(産業道路)沿いの店舗を訪れ、看板の許可申請の方法などを記載したパンフレットを従業員に手渡した。福嶋理事長は「突き出し看板を設置している事業者の協力を得ながら、今後も3年に1回程度の割合で詳細な点検をしたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...