北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

相互理解深化へ協力 四島住民代表が市長を訪問【根室】

石垣市長(左)へ土産を渡すブタコフ地区長代行

 北方領土国後、択捉、色丹の各島に暮らす住民代表団が11日、今年度のビザなし渡航事業を締めくくるとともに、来年度へ向けた意見交換のため石垣雅敏市長を表敬訪問した。市役所を訪れたコンスタンチン・ブタコフ南クリル地区長代行(48)=国後=は、27年続くビザなし交流について「互いを知る機会は善隣関係の構築に役立っている」と意義を強調し、根室の新たなリーダー石垣市長と共に、相互理解を一層深めるため今後も協力していく意思を確認した。

 一行はブタコフ地区長代行をはじめ、択捉島のタチヤーナ・ベロウーソワクリル地区議会議長(51)ら5人。今年度最後となったロシア側のビザなし訪問団(59人、富山県訪問)と共に同日根室入りし、市内で市長と根室振興局長、札幌市で道庁、東京では政府関係機関を訪ね16日に帰島する。

 市役所では石垣市長と本田俊治市議会議長、千島歯舞諸島居住者連盟の河田弘登志副理事長が出迎え、同市長は「互いの生活環境を行き来し、文化を理解することが問題解決につながると信じている」とあいさつ。代表団に対し「両地域の架け橋として活躍してほしい」と期待を込めた。

 ブタコフ地区長代行は、平成4年に始まったビザなし交流について経緯を説明するとともに、特に人道支援として外務省が受け入れている医療支援では「これまでに島から200人以上の患者が道内の医療機関で治療を受けている」と感謝を表した。

 また、第1回ビザなし交流に参加した島民が島内で当時のエピソードを語り継いでいることを明かし、「それまで謎に包まれていた日本のことを知る機会となり、また、北海道の皆さんの熱い歓迎は忘れることのできない思い出―と聞いている」(ブタコフ地区長代行)と、長年続く交流が島民の間に定着していることも紹介した。

 懇談の中でベロウーソワ議長は、「根室港に着くと、いつも団員と市民が再会を喜ぶ光景が見られる。これこそが交流事業の成功を表しており、この良い関係を続けるために私たちはここに来ている」と意義を強調。また、石垣市長の市長就任を祝うとともに「長谷川前市長と同様に、信頼関係を築いていきたい」と友好の継続を願った。

 一方、足踏み状態の日ロ四島共同経済活動について、ブタコフ地区長代行は「どちらの法律を適用するかで意見が一致していないが、日本とモスクワの作業グループが有益な解決策を見つけてくれることを期待する」と述べた。石垣市長は両国の関係を日本のことわざに例え「遠くの親戚より近くの“友人”を大切にしていきたい」とし、経済活動の動向も含めて善隣関係を一層深めたい意向を示した。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...