北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

宣言書を手にする職員(中央)と、支援活動を行う東京海上日動苫小牧支社の担当者

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫小牧支店によると、商工会議所の取得は全国でも珍しいという。苫商議所は市内の会員企業約2100社への呼び掛けを通じ、健康経営に対する理解醸成と各企業の実践を促す方針だ。

 健康経営は、社員などの心身の健康を大切にする取り組み。働きやすい環境を整えることで社員の活力や生産性向上をもたらすほか、業績向上や人材確保などにつながるもので、経済産業省が全国的に顕彰制度として取得を推奨している。

 同会議所は、同認定の取得支援を行う東京海上日動と市が協定締結したことを踏まえ、会員企業への普及を図るため、先駆けて取得することを決めた。認定に向けては健康保険組合への宣言が必要なため、加盟する全国健康保険協会(協会けんぽ)北海道支部に健康事業所を申請。3日付で宣言を認める文書が届いた。

 経産省の健康経営は企業規模に応じた3タイプがある。認定基準は経営理念や組織体制、制度・施策の実行などの項目に分かれ、企業規模に応じた小分類の評価条件をクリアすることが条件。同会議所は取得しやすい「健康経営優良法人」の中小規模法人部門で申請する。今後、健康づくり担当者の設置や従業員の健康課題の把握、対策の検討などを進め、11月末の申し込み期日内に書類を送付する。

 申請に当たっては、東京海上日動苫支店が現状評価や取得に必要な項目の洗い出し、資料作成などで協力する。経産省の認定が得られるのは来年2月中旬ごろの予定。

 苫商議所は認定取得に合わせて会員企業への呼び掛けを進める方針。来年度以降には地元企業向けのセミナー開催なども計画しており「多くの事業所に対する広報を進めたい」としている。

 支援を行う東京海上日動によると、市内では大手企業など数社が認定を取得済み。現在は約50社に呼び掛け、このうち約20社が取得に向けた取り組みを進めているという。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...