北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高「農業クラブ」に道表彰 福祉活動を評価【帯広】

「『また来るねー』と参加者に言われると次もがんばろうと思える」と牧野会長(前列右から3人目)。これまでの活動の記録を手にする農業クラブの執行部

 障害者や高齢者に優しいまちづくりを推進し、自立や社会参加を支援する団体を表彰する道の「北海道福祉のまちづくり賞」の活動部門に、帯広農業高校の「農業クラブ」(牧野有紗会長)が選ばれた。障害児(者)と共に農作業などを通じて交流するボランティア活動「すこやか農園」が評価された。23日午後3時から道庁で表彰式が行われる。

 同賞は道の福祉のまちづくり条例施行の1998年に始まり、今年で20回目。福祉的配慮に優れた事例を広く紹介し、普及啓発を図ることを目的とする。

 公共的施設部門、活動部門、福祉用具部門の3部門に分かれ、農業クラブは今年度7件の応募があった活動部門で受賞2団体に選ばれた。

 農業クラブは全校生徒が参加対象者で、企画運営を執行部18人が取りまとめている。すこやか農園は帯広市社会福祉協議会の主催で2002年から開始。ボランティア参加者のノーマライゼーションに対する理解を深めることも目的としており、帯広中央ライオンズクラブなどと協力し、農作業や搾乳体験など年4回活動している。

 昨年は初めて同校の5学科が連携し、参加者が農業を多面的に体験できるように工夫した。牧野会長(17)=農業科学科3年=は「長年続く活動が評価されてうれしい。すこやか農園を通じて障害児(者)にはできることや、やりたいことを増やしてほしい。生徒には障害に対する偏見をなくしていきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...