北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

インカのめざめを使った2品をPRする河端社長

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。

 いももっちは昨年1月にチーズ入り、今年6月にむき枝豆入りを発売。1袋540円。

 商品化のきっかけは、長年契約していた更別などの農家が栽培するインカのめざめが、2年前の連続台風による水害でその年の収穫分の多くが腐食してしまったこと。「寝かせていたイモで甘みがあり、もったいない」と、河端社長が腐食していない部分を切り取りペーストにした後、「簡単に味わえ、素材の甘みを感じられるものを」と商品化した。

 マッシュしたイモにでんぷんを加えるだけでなく、ゆでて一手間加えたイモを配合することで、「ひび割れせず、もちもち感が出せた」と河端社長。チーズ入りは発売以来、月100個ペースで売れている。河端社長は「予想以上の売れ行き。北海道の郷土料理を広く発信したい」と話している。帯広市内のとかちむらや、JR帯広駅エスタのとかち物産センターなどで購入できる。

 問い合わせは同社(0155・25・3351)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...