北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

インカのめざめを使った2品をPRする河端社長

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。

 いももっちは昨年1月にチーズ入り、今年6月にむき枝豆入りを発売。1袋540円。

 商品化のきっかけは、長年契約していた更別などの農家が栽培するインカのめざめが、2年前の連続台風による水害でその年の収穫分の多くが腐食してしまったこと。「寝かせていたイモで甘みがあり、もったいない」と、河端社長が腐食していない部分を切り取りペーストにした後、「簡単に味わえ、素材の甘みを感じられるものを」と商品化した。

 マッシュしたイモにでんぷんを加えるだけでなく、ゆでて一手間加えたイモを配合することで、「ひび割れせず、もちもち感が出せた」と河端社長。チーズ入りは発売以来、月100個ペースで売れている。河端社長は「予想以上の売れ行き。北海道の郷土料理を広く発信したい」と話している。帯広市内のとかちむらや、JR帯広駅エスタのとかち物産センターなどで購入できる。

 問い合わせは同社(0155・25・3351)へ。

関連記事

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...