北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

風味豊か「黒千石大福」道の駅で販売【本別】

27日に発売される黒千石大福(後列の二つ)。手前右は黒豆大福、同左はきなこ大福

 「豆のまち・本別」をアピールする道の駅ステラ★ほんべつ限定の「ほんべつ大福」(黒豆大福ときなこ大福)に、「黒千石大福」が加わった。27日に予定されている同道の駅・秋の感謝祭で発売される。

 ほんべつ大福は2016年6月に商品化され、年間1万個弱が売れる人気商品。新たな種類を出すタイミングでもあり、歯応えのある小粒の黒千石大豆に着目した。

 黒千石を練り込んだもち米の生地に小豆の粒あんを包んだ。豆は本別産で、大福はきねつき仕立てのこしがあり、甘さは控えめ。竹炭を使い、黒色にして他のほんべつ大福と差別化した。とかち製菓(中札内)に製造を委託している。

 1個80グラム、150円。冷凍でセット売りも行う。道の駅を運営するNPO法人銀河ほんべつの今村周平事務局長は「黒千石は健康食品として注目されており、豆の風味も豊か。ぜひ味わって」とPRする。

関連記事

室蘭民報

コープさっぽろ室蘭支部が西胆振地場産品の販売強化【室蘭】

 生活協同組合コープさっぽろ室蘭地区本部は、地域密着をキーワードにエリア内店舗で西胆振の地場産品の取り扱いを強化している。今年から地区本部管内7店舗で一部の商品をコーナー化するなど販売を促進。日...

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...