北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ドイツ希少豚を導入 忠類エルパソ牧場【幕別】

十勝の環境にも慣れ、餌を食べてゆったりとするシュベービッシュ・ハル豚

 幕別町忠類地区で養豚を営むエルパソ牧場(平林英明代表)は今月から、ドイツの希少種「シュベービッシュ・ハル豚」の飼育を始めた。ドイツ国外で飼育するのは同牧場が初めてで、5年前からドイツの生産組合と交渉し実現した。代表の平林さんは、新たなブランド豚の普及に意欲を示している。

 エルパソ牧場ではケンボロー種を約1000頭飼育。放牧による肥育を実践し、「どろぶた」のブランド名で出荷している。

 シュベービッシュ・ハル豚は、5年前に雑誌で知った平林さんがドイツに渡り、現地の生産組合と接触、その後も毎年足を運んで導入にこぎ着けた。

 エルパソ牧場に“入居”したのは雄2頭、雌4頭の計6頭。6日に到着した。導入に当たって専用の運動場を整備、「すぐにこの牧場に慣れ、自由に過ごしている」と話す。雌3頭はすでに妊娠。白黒ツートンカラーの体を揺らして牧草やカボチャ、穀物飼料を食べ、来年1月の出産を待つ。

 「どろぶた」は通常より2カ月程度遅い約8カ月で出荷しているが、シュベービッシュ・ハル豚の肥育期間はそれより長くなると予測。初出荷は来年の11月ごろを予定している。年2回の種付けで2年後には母豚を40~50頭にまで増やし、年間100頭ほどを出荷する計画だ。生肉のほか、生ハムやサラミなどの加工肉として出荷する。

 ドイツではプレミアの付く豚で、名前を広く知ってもらうため、あえてニックネームを付けずに育てる。平林さんは「肉質が良いので、日本でも評価されるはず。マンガリッツァ豚(ハンガリー固有の希少種)のように『シュベービッシュ・ハル』も知られていくのでは」と話している。

<シュベービッシュ・ハル豚>
 ドイツ南西部の都市シュベービッシュ・ハルで19世紀に生み出された種。牧草の消化能力に優れ、放牧での飼育に適している。ドイツ国内で、有名ブランド豚として流通している。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...