北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

西旭岡女性殺害から2年 有力情報なく捜査難航 事件の風化懸念【函館】

殺された岸田さんが見つかった自宅。発生から2年たった今も周囲に規制線が張られている(30日)

 函館市西旭岡町1の自宅で、主婦岸田友子さん=当時(68)=が殺害された事件から10月31日で2年がたった。函館中央署によると、解決につながる有力な手掛かりは見つかっていない。捜査本部は31日、事件を風化させないため、市内2カ所でチラシなどを配布し、情報提供を呼び掛ける。

 2016年10月31日午後3時半ごろ、岸田さんの夫を送り届けた介護施設職員が、自宅1階裏口のドア付近で首から血を流して倒れている岸田さんを見つけた。首には鋭利な凶器でつけられた傷があり、死因は出血性ショックだった。現場に争ったり、物色したりした跡はなかった。

 捜査本部は、発生2日後の11月2日に設置。周辺の聞き込みなど捜査を続けている。同署によると、凶器は見つかっておらず、「情報は噂程度のもので、有力な内容は寄せられていない」という。

 閑静な住宅地にある現場は、今も警察による規制線が張られたままだ。岸田さんとあいさつ程度の交流だったという近所の女性は「事件当時は怖かったが、周辺の治安を守る意味でも規制線は必要なのではないか」と話す。

 今年3月、地元の西旭岡町会は寄贈された防犯カメラ3台を、現場周辺の住宅2軒と集会所に設置した。高村純一郎会長によると、主に車道を監視するが、現時点で不審者が映ったことはないという。

 捜査本部は今月、同町会に情報提供を呼び掛けるポスターを配布した。現場周辺は近所との交流が少なく、事件後に移住してきた住民もいる。高村会長は「あの辺は用事がある人でないと来ることはない。事件が風化してしまわないか不安」と表情を曇らせた。

関連記事

名寄新聞

ユニバーシアード大会挑む・地元出身の千葉隆人さん【美深】

 美深町出身、仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科2年の千葉隆人さん(20)は、3月2日から12日までロシア・クラスノヤルスクで開催される「第29回ユニバーシアード冬季競技大会」フリースタイ...

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...