北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

西旭岡女性殺害から2年 有力情報なく捜査難航 事件の風化懸念【函館】

殺された岸田さんが見つかった自宅。発生から2年たった今も周囲に規制線が張られている(30日)

 函館市西旭岡町1の自宅で、主婦岸田友子さん=当時(68)=が殺害された事件から10月31日で2年がたった。函館中央署によると、解決につながる有力な手掛かりは見つかっていない。捜査本部は31日、事件を風化させないため、市内2カ所でチラシなどを配布し、情報提供を呼び掛ける。

 2016年10月31日午後3時半ごろ、岸田さんの夫を送り届けた介護施設職員が、自宅1階裏口のドア付近で首から血を流して倒れている岸田さんを見つけた。首には鋭利な凶器でつけられた傷があり、死因は出血性ショックだった。現場に争ったり、物色したりした跡はなかった。

 捜査本部は、発生2日後の11月2日に設置。周辺の聞き込みなど捜査を続けている。同署によると、凶器は見つかっておらず、「情報は噂程度のもので、有力な内容は寄せられていない」という。

 閑静な住宅地にある現場は、今も警察による規制線が張られたままだ。岸田さんとあいさつ程度の交流だったという近所の女性は「事件当時は怖かったが、周辺の治安を守る意味でも規制線は必要なのではないか」と話す。

 今年3月、地元の西旭岡町会は寄贈された防犯カメラ3台を、現場周辺の住宅2軒と集会所に設置した。高村純一郎会長によると、主に車道を監視するが、現時点で不審者が映ったことはないという。

 捜査本部は今月、同町会に情報提供を呼び掛けるポスターを配布した。現場周辺は近所との交流が少なく、事件後に移住してきた住民もいる。高村会長は「あの辺は用事がある人でないと来ることはない。事件が風化してしまわないか不安」と表情を曇らせた。

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...