北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

奔放な印象、堅固な画風…市民美術館で絵画展【室蘭】

室蘭出身で女性画家の草分け的存在だった西村氏の作品

人物や風景など写実の第一人者として活躍した伊藤氏の作品

 室蘭市民美術館(市内幸町、工藤善蔵館長)主催の絵画展「追い求めた美 西村貴久子と伊藤正」が、30日から同館で始まった。中央画壇で活躍した西村貴久子(1905年~82年)、伊藤正(15年~89年)両氏の代表的な油彩作品が並ぶ。

 西村氏は室蘭出身。著名な画家を多く輩出した東京の川端画学校に通った。29年の第10回帝国美術院展覧会(帝展)で初入選。当時非常に珍しい女性作家として注目された。45年に有志と全道展を創立。72年にアフガニスタンに滞在し、現地の風土や生活を描いた。

 計12点。アフガニスタンでは遊牧民と生活を共にし「子羊を育てる女達」(30号)、「夜の子羊部屋」(80号)、「丘の人々」(同)など日常の暮らしの様子を描いた。室蘭を題材にした「室蘭港」(8号)もある。

 伊藤氏は人物や風景など写実の第一人者として活躍。道展や日展、一水会展で数々受賞し、戦後の道展をけん引した。「マダムヴァイオレット」(20号)、「林檎を持つ構図」(50号)、「八月の父」(40号)など人物をメインにした計10点。

 工藤館長は「北海道画壇の歩みを語る上で欠かせない2人。力強く奔放な印象を与える筆致の西村と、堅固な画風を探求し続けた伊藤の作品は対照的。2人の特色を見てほしい」と来場を呼び掛けている。来年1月14日まで。入館無料。

関連記事

室蘭民報

150年祭が24日に開催、大きな節目を盛大に祝う【伊達】

 伊達150年祭「きょうは伊達の日、みんなの日」(伊達市・伊達150年記念事業実行委員会主催)が24日、伊達市松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれる。趣向を凝らした記念式典や花火ショ...

室蘭民報

女性ネットワーク室蘭が森町の特産物を9月8日に販売【室蘭】

 女性の目線で港を盛り上げようと活動している「みなとまちづくり女性ネットワーク室蘭」(立野了子代表)が、9月8日に開かれる第8回むろらん港鉄人舟漕ぎ大会の会場で、森町との交流事業として、森町の特...

根室新聞

31、1日 かに祭り ゲストに西尾夕紀さんら【根室】

 2019根室かに祭り(杉山忠夫実行委員長)は31、9月1日に根室港特設会場で開かれる。会場内には赤くゆであがったハナサキガニをはじめ、カニ尽くしのメニューが並び、根室の旬を味わう。今年は演歌...

十勝毎日新聞

菜七子騎手 ばんえいも名騎乗? JRAイベント参加【帯広】

 「JRAジョッキーDAY2019」が19日、帯広競馬場で開かれた。JRA(日本中央競馬会)に所属する9騎手が集結、ばんえい十勝を盛り上げた。  13回を数える恒例イベント。藤田菜七子、松岡...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...