北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

蓮舫氏辞任は苦渋の決断

国政の課題や問題につ いて報告する徳永氏

 民進党の徳永エリ参議(北海道選挙区)の国政報告会が28日夜、新ひだか町公民館で開かれ、安倍晋三政権による共謀罪の強行採決などを批判し、蓮舫氏の民進党代表辞任について理解を求めた。

 国政報告会は徳永エリ日高地区後援会(五十嵐敏明会長)主催。徳永氏はこの日に日高入りして新ひだか、新冠両町の役場や産業団体を訪問し、各地で街頭演説を行った。

 国政報告会には約200人の支持者や関係者が参加。徳永氏は加計学園や自衛隊の日報問題などで支持率が低下している安倍政権について、国民世論が国会運営に大きく影響しているとし、「私一人が動いても政治が変わらないという方がいるが、一人ひとりが動けば、おかしいと言えば、駄目だと言えば、最強の政権も動かざるを得ない」と話した。

 今国会で成立した法律89件(内閣提出66件、議員発議23件)のうち、民進党が賛成したのは63件(同52件、同11件)で、「民進党は決して反対ばかりしているわけではない。反対しなければならない法律は反対するのが当然のこと」とし、反対した内閣提出14件のうち、最も問題があると指摘した「組織的犯罪処罰法改正」(共謀罪)については、「市民運動のリーダーが国家権力によって監視され、その人が何らかの落ち度で処罰されると、その周辺の人たちも調べられることになり、どんどん市民運動が萎縮していく」と危機感を示した。

 蓮舫氏の民進党代表辞任については、「民進党の外の声を聞いた上で、政権交代を目指して頑張っていく、そんな政党になっていってもらいたいという苦渋の選択だったと思う」とし、「これからいろんな動きが出てくると思うが、民進党が国民の皆さんの思いの受け皿になるためのプロセスだということを理解していただき、支えていただきたい」と呼び掛けた。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...