北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

蓮舫氏辞任は苦渋の決断

国政の課題や問題につ いて報告する徳永氏

 民進党の徳永エリ参議(北海道選挙区)の国政報告会が28日夜、新ひだか町公民館で開かれ、安倍晋三政権による共謀罪の強行採決などを批判し、蓮舫氏の民進党代表辞任について理解を求めた。

 国政報告会は徳永エリ日高地区後援会(五十嵐敏明会長)主催。徳永氏はこの日に日高入りして新ひだか、新冠両町の役場や産業団体を訪問し、各地で街頭演説を行った。

 国政報告会には約200人の支持者や関係者が参加。徳永氏は加計学園や自衛隊の日報問題などで支持率が低下している安倍政権について、国民世論が国会運営に大きく影響しているとし、「私一人が動いても政治が変わらないという方がいるが、一人ひとりが動けば、おかしいと言えば、駄目だと言えば、最強の政権も動かざるを得ない」と話した。

 今国会で成立した法律89件(内閣提出66件、議員発議23件)のうち、民進党が賛成したのは63件(同52件、同11件)で、「民進党は決して反対ばかりしているわけではない。反対しなければならない法律は反対するのが当然のこと」とし、反対した内閣提出14件のうち、最も問題があると指摘した「組織的犯罪処罰法改正」(共謀罪)については、「市民運動のリーダーが国家権力によって監視され、その人が何らかの落ち度で処罰されると、その周辺の人たちも調べられることになり、どんどん市民運動が萎縮していく」と危機感を示した。

 蓮舫氏の民進党代表辞任については、「民進党の外の声を聞いた上で、政権交代を目指して頑張っていく、そんな政党になっていってもらいたいという苦渋の選択だったと思う」とし、「これからいろんな動きが出てくると思うが、民進党が国民の皆さんの思いの受け皿になるためのプロセスだということを理解していただき、支えていただきたい」と呼び掛けた。

関連記事

苫小牧民報

香り豊か、追分カンロ収穫始まる-安平

 安平町追分で初夏の味覚、追分カンロの収穫が24日から始まった。今季は寒暖の差がありビニールハウス内の温度調整に苦労したが品質は上々。甘みと香りが豊かなカンロに仕上がったという。出荷作業は9月中...

苫小牧民報

あす周年記念行事 東千歳駐屯地を一般開放-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は27日午前8時~午後3時、司令部のある千歳市祝梅の東千歳駐屯地を一般開放し、創隊63周年・同駐屯地創立64周年記念行事を催す。25日に総合予行(リハーサル)を行い、主力戦車...

日高報知新聞

刑務所など国施設の誘致

【日高】富川高2年生の総合的学習の成果を披露する「地域課題探究」の発表会が23日、同高(田辺裕二校長)で開かれた。  31人の生徒たちが7グループに分かれ発表した内容は①富川高の生徒減②名産品の発掘③若...

日高報知新聞

和田竜二騎手が献花

【新冠】西泊津の白馬牧場に設置されているGⅠ7勝馬・テイエムオペラオー(牡22歳)を追悼する献花台に24日、現役時代の全レースで手綱を取った和田竜二騎手(40)が訪れた。  同牧場で種牡馬としてけい養さ...

名寄新聞

「もち米ようかん」商品化【名寄】

 名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポー...