北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

蓮舫氏辞任は苦渋の決断

国政の課題や問題につ いて報告する徳永氏

 民進党の徳永エリ参議(北海道選挙区)の国政報告会が28日夜、新ひだか町公民館で開かれ、安倍晋三政権による共謀罪の強行採決などを批判し、蓮舫氏の民進党代表辞任について理解を求めた。

 国政報告会は徳永エリ日高地区後援会(五十嵐敏明会長)主催。徳永氏はこの日に日高入りして新ひだか、新冠両町の役場や産業団体を訪問し、各地で街頭演説を行った。

 国政報告会には約200人の支持者や関係者が参加。徳永氏は加計学園や自衛隊の日報問題などで支持率が低下している安倍政権について、国民世論が国会運営に大きく影響しているとし、「私一人が動いても政治が変わらないという方がいるが、一人ひとりが動けば、おかしいと言えば、駄目だと言えば、最強の政権も動かざるを得ない」と話した。

 今国会で成立した法律89件(内閣提出66件、議員発議23件)のうち、民進党が賛成したのは63件(同52件、同11件)で、「民進党は決して反対ばかりしているわけではない。反対しなければならない法律は反対するのが当然のこと」とし、反対した内閣提出14件のうち、最も問題があると指摘した「組織的犯罪処罰法改正」(共謀罪)については、「市民運動のリーダーが国家権力によって監視され、その人が何らかの落ち度で処罰されると、その周辺の人たちも調べられることになり、どんどん市民運動が萎縮していく」と危機感を示した。

 蓮舫氏の民進党代表辞任については、「民進党の外の声を聞いた上で、政権交代を目指して頑張っていく、そんな政党になっていってもらいたいという苦渋の選択だったと思う」とし、「これからいろんな動きが出てくると思うが、民進党が国民の皆さんの思いの受け皿になるためのプロセスだということを理解していただき、支えていただきたい」と呼び掛けた。

関連記事

日高報知新聞

「他12線区の動き重要に」

【新ひだか】町議会定例会は14日、5議員が一般質問した。この中で酒井芳秀町長は、JR日高線が不通になっている問題で、JR北海道が単独では維持困難と公表した10路線13線区のうち、日高線を除く12線区の動き...

日高報知新聞

税金の使い方を学ぶ

【えりも】えりも小(高橋秀壽校長)で13日、6年生25人を対象に「租税教室」が行われ、税金の必要性や用途について学んだ。講師は浦河地方法人会青年部会の坂田成哉部会長。  同青年部会では、子どもた...

名寄新聞

レンガ煙突にサンタ登場【名寄】

 市内東2南10の名寄土管製作所(松前司社長)構内に立つレンガ煙突には、サンタクロース人形が登場。今年は子どもたちから届いた手紙を背負いながら煙突を登る愛嬌(あいきょう)のある姿が見られ、クリス...

苫小牧民報

ハスカップビネガーソース試作品完成 苫高専ブランド構築プロジェクト

 苫小牧工業高等専門学校(黒川一哉校長)創造工学科の岩波俊介教授(52)が指導する学生たちが開発を進めている、地場産ハスカップを使った食酢「ハスカップビネガーソース」の試作品が完成した。2018...

苫小牧民報

手作りの福神漬160袋限定販売、出足好調-JA道央女性部千歳食品部会

 お待たせしました―。道の駅・サーモンパーク千歳=花園=の千歳農産物直売所「旬菜の館」でJA道央女性部千歳ブロック・食品研究部会(岩本治子会長)製造の福神漬「七福神の漬物」(200グラム、税込み4...