北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

風蓮湖・温根沼にオオハクチョウ1,863羽【根室】

温根沼大橋付近で羽を休めるオオハクチョウ

 越冬のために飛来する「冬の使者」オオハクチョウが、続々と姿を現している。市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターの調べによると2日現在、1,863羽が風蓮湖や温根沼で羽を休めている。

 市からの委託により、日本野鳥の会は春国岱ネイチャーセンター業務の一環として春と秋の計6回、オオハクチョウの飛来数調査を行っている。

 2日に行った調査によると、温根沼周辺に成鳥486羽、幼鳥45羽の計531羽、風蓮湖の春国岱周辺に成鳥761羽、幼鳥41羽の計802羽、風蓮湖の中西部に成鳥505羽、幼鳥25羽の計530羽を数えた。10月19日の第1回調査に比べて、650羽多い計1,863羽が飛来している。

 今年の初飛来は10月2日に道の駅スワン44ねむろで成鳥4羽、その後同13日に春国岱で成鳥14羽を確認した。過去の同時期飛来数と比較すると、5年間で最も多かった昨年11月1日調査より100羽ほど多い。

 秋の最大飛来数は過去5年間で平成27年の3,472羽が最も多かったが、同年同時期(10月末)の飛来数は今年より少ない1,100羽程度にとどまっていたこともあり、ハクチョウの渡りのルートや天候等によって飛来数が変動し、その年にどれくらい渡ってくるかは分からない。

 また、日中は風蓮湖以外で過ごし、ねぐらとして風蓮湖を利用するオオハクチョウ357羽をヤウシュベツ川河口で確認している。温根沼大橋周辺や春国岱では、日中は食料であるアマモをついばんだり、水面をゆったりと漂う姿が見られ、「コォー、コォー」の鳴き声とともに冬の訪れを告げている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...