北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

風蓮湖・温根沼にオオハクチョウ1,863羽【根室】

温根沼大橋付近で羽を休めるオオハクチョウ

 越冬のために飛来する「冬の使者」オオハクチョウが、続々と姿を現している。市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターの調べによると2日現在、1,863羽が風蓮湖や温根沼で羽を休めている。

 市からの委託により、日本野鳥の会は春国岱ネイチャーセンター業務の一環として春と秋の計6回、オオハクチョウの飛来数調査を行っている。

 2日に行った調査によると、温根沼周辺に成鳥486羽、幼鳥45羽の計531羽、風蓮湖の春国岱周辺に成鳥761羽、幼鳥41羽の計802羽、風蓮湖の中西部に成鳥505羽、幼鳥25羽の計530羽を数えた。10月19日の第1回調査に比べて、650羽多い計1,863羽が飛来している。

 今年の初飛来は10月2日に道の駅スワン44ねむろで成鳥4羽、その後同13日に春国岱で成鳥14羽を確認した。過去の同時期飛来数と比較すると、5年間で最も多かった昨年11月1日調査より100羽ほど多い。

 秋の最大飛来数は過去5年間で平成27年の3,472羽が最も多かったが、同年同時期(10月末)の飛来数は今年より少ない1,100羽程度にとどまっていたこともあり、ハクチョウの渡りのルートや天候等によって飛来数が変動し、その年にどれくらい渡ってくるかは分からない。

 また、日中は風蓮湖以外で過ごし、ねぐらとして風蓮湖を利用するオオハクチョウ357羽をヤウシュベツ川河口で確認している。温根沼大橋周辺や春国岱では、日中は食料であるアマモをついばんだり、水面をゆったりと漂う姿が見られ、「コォー、コォー」の鳴き声とともに冬の訪れを告げている。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...