北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

様似地区の水揚げ好調

 日高海区漁業調整委員会は、10月31日現在の日高沿岸秋サケ定置漁の漁獲速報をまとめた。全体で不漁の前年同期に比べ漁獲量は約2倍、金額は約1・3倍と回復基調が続く。特に様似町浦河寄りの様似地区の水揚げ金額は過去5年平均の約2倍となり、漁期はまだ残るが、自主規制により一部漁場は10月26日で漁を終えている。

 31日までの日高沿岸秋サケ漁は、漁獲量が5788・6㌧(前年同期2829・2㌧)で前年同期の204・6%、漁獲数は179万7787匹(同80万8244匹)で同222・4%。金額は39億5518万6000円(同29億8211万6000円)で同132・6%。

 日高管内の日高定置網漁業者組合は、サケの水揚げ額の1系統当たりの上限について、古くから申し合わせによる自主規制を実施。1系統(管内全体で46漁場)当たり2億円(消費税別)になると漁を打ち切っており、水揚げが好調の様似町の一部で網揚げ(定置漁の終了)が始まっている。

 1㌔当たりの金額は高騰した前年同期の1054円から683円と4割近く低下。1匹当たりの魚体は前年同期の3・50㌔から3・22㌔と小さい。

10月21~31日の全体の漁模様は、襟裳岬から東側の水揚げは少なく、目黒までの岬以東全体で67・5㌧、4840万円と不漁の前年と比べても重量で8割強、金額は半分。岬以西はえりも、様似を中心に堅調で、岬~日高町門別までは前年水揚げの1・4倍~5・8倍で計1225㌧(前年同期の255%)、金額は8億5155万円(同162%)で前年並み~3・7倍程度。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...