北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農高生が金時豆のみそだれ商品化へ【更別】

みそだれの商品化に向けて試食する生徒と菊池教諭

 更別農業高校(細川徹校長)の生徒が、更別村内産の金時豆を使ったみそだれ調味料の開発を進めている。熟成期間を短縮するため、こうじの代わりに酵素を使い、豆の甘さを引き出す。今年度中に商品化し、レシピ集も作る予定。日本一の生産量を誇る更別の金時豆を、広くPRしたい考えだ。

 担当するのは加工分会Aに所属する生徒4人。スモモの搾りかすを使用して昨年度に開発したビネガーソース「更別これ一本」に続く商品。4月に3種類の酵素を混ぜ合わせたみそを試食、甘みがあって軟らかいみそになる「グルコアミラーゼ」を使用することにした。

 みそだれには砂糖、みりん、だしも混合。5日に校内の加工室で塩分濃度の違う試作品を試食し、たれを使った料理を考えた。商品パッケージなど宣伝を担当するリプロール(札幌)の山口祐輔代表取締役も訪れて、アドバイスした。今後、パッケージのデザインやキャッチコピーも考える。

 班長の安田梨子さん(2年)は「商品化して更別の住民だけではなく、たくさんの人に食べてもらいたい」と話す。担当の菊池直樹教諭は「金時豆は煮豆など調理法が限られ、村が生産量日本一ということを知らない人も多い。商品をいろんな料理に使ってもらい、消費拡大につながれば」と期待している。

関連記事

根室新聞

26日、限定スイーツ販売=道の駅スワン44ねむろ【根室】

 市内酪陽の道の駅スワン44ねむろは26日午前11時から、スワンの日スイーツの「アップルベイクドチーズケーキ」=写真=を20食限定で販売する。持ち帰り専用で、一人1個まで。  毎月第4土曜日を「スワン...

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛と...

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料...

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...