北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

響け白蘭小「校歌」…16日に初披露【室蘭】

16日の開校記念式典に向け、辻教諭の指導を受けながら校歌を歌う練習に励む児童たち

 今年4月に開校した室蘭市白蘭小学校(橋本誠司校長、239人)の開校記念式典が16日、白鳥台の同校で開かれる。本番を1週間後に控えた児童たちは8日、式典で初披露する校歌を歌う練習に励んでいる。

 校歌の歌詞は児童たちが7月から制作に取り掛かった。全校児童から歌詞となるキーワードを集め、第1回の卒業生となる6年生が集めた言葉を整理。校舎に使われている赤、青、白の3色や学校教育目標、前身校の校歌の歌詞の一部、「白蘭小」の校名の由来に込められた願いなどを盛り込んだ。作曲は陣屋小の卒業生で現在、東京都内の音楽会社に勤務している佐々木侑姫さん(24)が担当した。

 小中連携学習の一環として、本室蘭中学校の辻育郎教諭を数回招いて校歌を歌う練習を重ねた。辻教諭は「きれいな高い声で歌えるように気を付けてください」と児童たちにアドバイスしていた。

 橋本校長は「児童たちの思いと作曲者の佐々木さんの思いが融合し、この地域にふさわしい校歌ができた。児童たちの歌声を楽しみにしてほしい」と笑顔を見せている。

 同校は本室蘭、白鳥台、陣屋の3小学校が統合し、4月に開校。式典では、校歌のほか校章が披露され、校旗が授与される。式典当日は全校児童や教育関係者、地域住民など400人が参加する予定。

関連記事

室蘭民報

製鉄記念病院に最新鋭の「血管造影装置」導入【室蘭】

 室蘭市知利別町の製鉄記念室蘭病院(前田征洋病院長)はこのほど、急性心疾患の診断や治療に用いる「血管造影装置」の最新鋭機器を導入した。これまでの機器と比べると、少ないエックス線で鮮明な撮影が可...

室蘭民報

日光印刷が大型DM対応のフチ糊圧着折機導入【室蘭】

 日光印刷(室蘭市寿町、佐藤俊一代表取締役社長)は、A4サイズなど大型DMに対応したフチ糊(のり)圧着折機を新規導入した。道内の印刷会社では初めて。現在は透明袋に印刷物を入れるDMが主流だが...

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...