北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭製麺が冷やしカレーラーメン発売「新しい名物に」【室蘭】

「カレーラーメンを冷やしでどうぞ」と新商品をアピールする室蘭製麺の矢野社長

 室蘭製麺(室蘭市日の出町、矢野義治代表取締役社長)は、新商品「室蘭冷しカレーまぜラーメン」を発売した。室蘭名物のコクとうま味はそのままに、暑い夏でも爽快に食べやすくなって登場。食感にこだわったジューシーな冷凍「北海道パリもち包子(パオズ)」も売り出し中だ。

 同社のカレーラーメンは、生麺とインスタント、汁なし、つけ麺とシリーズを展開。今回新たに「夏に合うカレーラーメンを」と開発に着手。「カレーのコクを再現するのに苦労した」というスープは、道産小麦の太麺にからみ、冷たくても深い味わいが楽しめる。

 矢野社長は「夏の新しい室蘭土産として定着すれば」と仕上がりに自信。市内スーパーで順次販売していくほか、都内で開催される道産品フェアにも出品するという。生麺タイプ2食入り税込み400円。

 「北海道パリもち包子」は、小麦粉と米粉を独自の配合で混ぜた皮で、豚肉やモッツァレラチーズの入ったあんを包んだ逸品。先行して宅配事業限定で販売している関西圏では、丸い形や味が好評という。

 電子レンジでも調理可能だが「フライパンがお勧め。表面はパリッ、かめばもちもち、の食感を味わってほしい」と矢野社長。モッツァレラと道産豚を使った2種類、各8個入りで300円前後。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...