北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

武四郎と新冠のかかわり【新冠】

【新冠】町郷土資料館事業のふるさと再発見講座「北海道150年 松浦武四郎と新冠講演会」が18日、レ・コード館で開かれ、町内外から約70人が参加して武四郎の生涯や新冠とのかかわりについて学んだ。

 講師は北海道博物館の三浦泰之学芸主幹。松浦武四郎(1818~1888)は、伊勢国(現在の三重県)出身で、28歳のときに初めて蝦夷地に行き、計6回にわたって探査した。明治2年(1869)には開拓判官の職に就き、蝦夷地を「北海道」とするよう提言した。

松浦武四郎について講演する三浦さん。左上は松浦武四郎記念館マスコットキャラクター「たけちゃん」

 三浦さんは、武四郎の青年期や6回の蝦夷地踏査の様子を当時の政治情勢などと併せて説明。前半3回は水夫や松前藩士の家来など身分を偽って旅をし、蝦夷日誌全35巻を執筆。

 また、松前藩の蝦夷地統治のずさんさを厳しく指摘し、有力の水戸藩や宇和島藩、幕府にも献上すると、蝦夷地通として名が知れ渡ったという。

 後半3回は幕府に雇われて蝦夷地を調査。三浦さんは「ロシアへの危機を視野に入れながら、蝦夷地開拓を目論んでいた幕府の命を受け、蝦夷地の地理的状況、松前藩のもとで苦しい状況にあったアイヌ民族の生活状況、新しい道を切り開く可能性を重点的に調査した。アイヌ民族の案内や世話を受けつつ、川筋を中心とした内陸部も探査した」と解説した。

 新冠には蝦夷地踏査の1回目、4回目、6回目と3度訪れており、土地の状況やアイヌ人口、地震による津波の影響や道案内のアイヌから地名の由来を聞くなかで、その地域の伝承なども著書に書き記した。三浦さんは「印象的だと思ったのは、シカにまつわる伝承が多いこと。そのほか、津波などの伝承を伴う地名が多いと感じた」と述べた。

 また、北海道の名付け親として知られる武四郎だが、日高という国名や沙流、新冠、静内、三石、浦河、様似、幌泉といった郡名も「武四郎の提案が90%以上採用されている。明治政府から道名、国名、郡名選定の褒賞で金100円を従五位の官位とともに拝領している」と話した。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...