北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

愛らしい「シマエナガみくじ」 帯廣神社で人気【帯広】

頒布が始まった帯廣神社オリジナルの「シマエナガみくじ」。かわいいと早くも評判に

 帯廣神社(大野清徳宮司)は、神社境内でも見られる野鳥シマエナガをモチーフにした「シマエナガみくじ」の頒布を始めた。シマエナガはシジュウカラなどと群れをつくり、その先導役を務めることから、同神社は「あなたの方向性も占ってみて」としている。初穂料は500円。

 シマエナガは道内にのみ生息するエナガの亜種。丸みを帯びた小さい体に長い尾を持つ姿は愛らしく、帯廣神社では秋から春にかけて現れる。

 シマエナガみくじは野鳥好きの大野宮司が発案し、2年の構想、製作期間を経て完成した。同神社でのオリジナルおみくじは昨年1月の「鮭みくじ」に続いて二つ目。今夏の夏詣で登場予定だったが、表情や姿にこだわって頒布が5カ月延び、今月23日の新嘗祭から頒布が始まった。

 若い女性や家族連れ、高齢者と幅広い世代から早くも人気を集め、頒布初日には約50体のシマエナガみくじが引かれた。「癒やしの置物としても、活用いただければ」と佐々木昌和権禰宜(ごんねぎ)。大阪府吹田市から26日、観光で訪れた清水友梨さん(30)は「小さくてかわいい。家で飾りたい」と話した。

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...