北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

愛らしい「シマエナガみくじ」 帯廣神社で人気【帯広】

頒布が始まった帯廣神社オリジナルの「シマエナガみくじ」。かわいいと早くも評判に

 帯廣神社(大野清徳宮司)は、神社境内でも見られる野鳥シマエナガをモチーフにした「シマエナガみくじ」の頒布を始めた。シマエナガはシジュウカラなどと群れをつくり、その先導役を務めることから、同神社は「あなたの方向性も占ってみて」としている。初穂料は500円。

 シマエナガは道内にのみ生息するエナガの亜種。丸みを帯びた小さい体に長い尾を持つ姿は愛らしく、帯廣神社では秋から春にかけて現れる。

 シマエナガみくじは野鳥好きの大野宮司が発案し、2年の構想、製作期間を経て完成した。同神社でのオリジナルおみくじは昨年1月の「鮭みくじ」に続いて二つ目。今夏の夏詣で登場予定だったが、表情や姿にこだわって頒布が5カ月延び、今月23日の新嘗祭から頒布が始まった。

 若い女性や家族連れ、高齢者と幅広い世代から早くも人気を集め、頒布初日には約50体のシマエナガみくじが引かれた。「癒やしの置物としても、活用いただければ」と佐々木昌和権禰宜(ごんねぎ)。大阪府吹田市から26日、観光で訪れた清水友梨さん(30)は「小さくてかわいい。家で飾りたい」と話した。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...