北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

若松埠頭にクルーズ船用ターミナル 2022年度完成目指す【函館】

 函館市は29日、函館港若松埠頭(ふとう)にCIQ(税関、出入国管理、検疫)手続きができるクルーズ船用の旅客ターミナルを新設することを明らかにした。総事業費は約14億円で、同埠頭の本格供用が始まる2022年度の完成を目指し、19年度にも基本設計に着手する考え。これまで船内で行っていた入国審査を短時間で円滑に行い、乗客の利便性向上と滞在時間延長による経済効果拡大を狙う。

 10月に暫定供用を開始した客船専用岸壁近くに建設し、面積は約1200平方メートルを想定。本格供用時に同埠頭で受け入れ可能な最大の客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)クラスが停泊した際も対応できる規模とした。

 内部にはCIQ業務に必要なカウンターをはじめ、インフォメーションデスクやトイレなどを配置。可動式の仕切りを設け、各種手続きに対応する。ターミナルは公衆無線LAN「Wi-Fi」の使用可能エリアに含まれており、他に設置するものは基本設計で検討する。

 旅客ターミナルは港町埠頭に客船が入港した際も、同埠頭とJR函館駅前を結ぶシャトルバスの待合場所として使用。客船寄港時以外の活用方法も検討する。

 市は旅客ターミナルの整備とバス、タクシーの待機場所を確保するため、同埠頭近くでJR北海道が所有する約9700平方メートルの土地を購入する方針。既に売買交渉を進めており、必要経費を予算に計上して来年度にも契約を結ぶ。

 客船ターミナルを巡っては、国が日本発着クルーズの増加などを背景に、各港湾の管理者に対して受け入れ環境の改善を要請。函館に先駆け、秋田や青森でも整備が進められている。

 これまで函館に寄港する客船のCIQ手続きは、船内の通路やホールで実施。検査機材の設置などで多くの時間がかかっていたため、運航会社などから旅客ターミナルの整備を強く要請されていた。また、シャトルバスの利用客に対し、天候に左右されない待合場所の確保も課題となっていた。

 市によると、来年度函館に寄港する客船は50隻を超えて過去最多を更新し、乗客乗員約10万人が訪れる見込み。総延長360メートルのうち225メートルが完成した若松埠頭の係留岸壁にも、最大4万トンクラスまでの客船が続々と入港する。

 市港湾空港部管理課は「旅客の利便性と快適性が高まるターミナルの整備を通じて、クルーズ船の一層の誘致にもつなげたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...