北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

新しい校歌共同作業 西、稜北の生徒が歌詞づくり 国立音大が作曲協力【函館】

校歌の完成に向け紺野さん(右)と函館西、函館稜北の生徒が意見を交わし合ったグループ会議

 2019年度に新設が決まった函館西高校と函館稜北高校の統合校「北海道函館西高等学校」の校歌制作が、両校の生徒らを中心に進んでいる。11月30日に函館コミュニティプラザ(Gスクエア)で開いた5回目のグループ会議には、作曲を担当する国立音楽大学(東京)の教授と学生も初参加し、生徒が考案した歌詞を潤色しながらメロディーを付け、完成に近づけた。

 生徒による校歌制作は、統合校の教育課程テーマ「探究」に沿って行っている。会議は9月に始まり、有志の生徒7人(西高3人、稜北高4人)がお互いの校舎を訪れるなどし、新しい学校に込める思いや立地から生まれるイメージを言葉で紡ぎ、生徒一人ずつ1~3番を作詞。7曲の候補から投票で決まった1曲の詞を改編して基盤を作った。

 同大からは、津田正之教授と作曲科4年、紺野鷹生さん(22)が参加。事前に歌詞に目を通していた津田教授は「皆さんが新しく生まれ変わる学び舎に抱く“祈り”のような真摯な思いを感じた」と評価。

 初めて校歌制作に携わる紺野さんは、作曲の構想を練るため事前に両校に足を運んだ。「両校を訪れて、皆さんが残していきたいものや発信していきたいものがよく分かった」と話し、「自然とドラマチックに盛り上げていくには、ちゃんと自分の言葉で肉付けしていくことが重要」とアドバイスした。

 生徒らは「自分らしい言葉」というテーマに思考を巡らせ、新たに浮かんだ言葉を書き留めていた。西高校2年の北村梨紗さん(17)は「卒業した人、これから入学する人の心に残るような曲にしたい」、稜北高3年の米内山楓さん(18)は「稜北高校の名前はもうなくなってしまうので、稜北らしさも校歌に織り交ぜたい」と話した。

 紺野さんがキーボードでメロディーを弾きながら詞を口ずさむと会場に拍手が響いた。西高校の藤島尚子教頭は「生徒たちの感性に任せて、新時代を感じられるようなフレッシュな校歌になることを期待したい」と目を細めた。

 校歌は年内をめどに完成予定で、4月の入学式で初披露する。新しい校章は函館デザイン協議会(岡田暁会長)と協同で制作中。今後の会議で両校から集まった8つのアイデアを基にデザインを形にしていく。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...