北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

サンプルを前に挑戦への決意を語る藤田社長

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)に認証申請する前段の作業調整の申し込みを11月末までに行った。十勝の企業の申請品が認証されたケースはまだないという。

 藤田社長は道中小企業家同友会とかち支部などが中心に今夏立ち上げた「とかち宇宙日本食開発研究会」の会長。その前後からセミナーなどを通じ、知識を深めて自社での開発も同時期に着手。エア・ウォーター十勝食品(更別)や帯広地域雇用創出促進協議会「クリサポとかち」の協力で、11月にサンプル品をJAXA側(日本宇宙食事務局)に送付し、申し込んだ。

 試作しているのは、レトルトでのトマトソースのハンバーグだ。宇宙日本食の認証品でまだメニューにないことや、同社の製品がドイツの品評会で金賞を取るなど自慢の逸品であることが理由。牛肉やタマネギ、卵などは十勝産で、他の主要食材も道産を使っている。添加物を加えない形を目指している。

 JAXA側からサンプル品の評価結果が出て、食べやすさや色合いなどは比較的評価が高かったが、パッケージへの食品残さなどの面で改良が必要とされた。藤田社長は「まだスタートラインに立ったばかり。大樹のロケットなど十勝は宇宙と関わりが深い。採用可否は分からないが、食でも存在感を発揮し、大手企業が多い宇宙日本食に十勝の他の中小企業でも参入できる道筋をつくりたい」とする。プレ宇宙食の認証と並行し、商品化して一般販売も目指していく考え。

<Pre宇宙日本食>
 JAXAは、特例で賞味期間要求が認証基準(1年半)より短めの8カ月以上などとする基準を10月に発表。国際宇宙ステーションに長期滞在予定の星出彰彦宇宙飛行士向けのもので、新規認証申請も受け付けている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

十勝毎日新聞

「いいね」も伸びるチーズハットグ 3日開店【帯広】

 JR帯広駅のエスタ帯広西館に3日、韓国式アメリカンドッグ・チーズハットグを販売する「チーズハットグ田舎村」がオープンする。駅内のにぎわいづくりにつながると期待される。  チーズハットグはア...

名寄新聞

きょうから数量限定販売・「星空雪見法蓮草」の大福【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、寒締めホウレンソウ「なよろ星空雪見法蓮草」のペーストを餅に練り込んだ大福を、30日から数量限定で発売。ホウレンソウとバター風味のあんが...

十勝毎日新聞

“幻のブドウ” 限定「十勝ブランデー」に【池田】

 大冷害でブドウが不作だったため十勝ワインの仕込みを諦めた1993年産の“幻のブドウ”を原料にした十勝ブランデー原酒が四半世紀の樽(たる)熟成を経て「清見1993」(アルコール度数60%、375ミリ...