北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

サンプルを前に挑戦への決意を語る藤田社長

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)に認証申請する前段の作業調整の申し込みを11月末までに行った。十勝の企業の申請品が認証されたケースはまだないという。

 藤田社長は道中小企業家同友会とかち支部などが中心に今夏立ち上げた「とかち宇宙日本食開発研究会」の会長。その前後からセミナーなどを通じ、知識を深めて自社での開発も同時期に着手。エア・ウォーター十勝食品(更別)や帯広地域雇用創出促進協議会「クリサポとかち」の協力で、11月にサンプル品をJAXA側(日本宇宙食事務局)に送付し、申し込んだ。

 試作しているのは、レトルトでのトマトソースのハンバーグだ。宇宙日本食の認証品でまだメニューにないことや、同社の製品がドイツの品評会で金賞を取るなど自慢の逸品であることが理由。牛肉やタマネギ、卵などは十勝産で、他の主要食材も道産を使っている。添加物を加えない形を目指している。

 JAXA側からサンプル品の評価結果が出て、食べやすさや色合いなどは比較的評価が高かったが、パッケージへの食品残さなどの面で改良が必要とされた。藤田社長は「まだスタートラインに立ったばかり。大樹のロケットなど十勝は宇宙と関わりが深い。採用可否は分からないが、食でも存在感を発揮し、大手企業が多い宇宙日本食に十勝の他の中小企業でも参入できる道筋をつくりたい」とする。プレ宇宙食の認証と並行し、商品化して一般販売も目指していく考え。

<Pre宇宙日本食>
 JAXAは、特例で賞味期間要求が認証基準(1年半)より短めの8カ月以上などとする基準を10月に発表。国際宇宙ステーションに長期滞在予定の星出彰彦宇宙飛行士向けのもので、新規認証申請も受け付けている。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...