北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

あつま国際雪上3本引き大会の参加チーム募集【厚真】

震災で開催が危ぶまれた「あつま国際雪上3本引き大会」。今シーズンの大会では厚真町に元気が届くことだろう=1月21日、厚真町本郷

 震災にも負けず、開催します―。「第12回あつま国際雪上3本引き大会」(同実行委主催)が来年1月20日、厚真町本郷234のかしわ公園野球場で開かれる。優勝チームには賞金20万円と厚真産のさくら米80キロが贈られる。今月21日まで参加60チーム(先着順)を募集している。同実行委では「大きな被害を受けたが厚真町に元気を取り戻したい」と多くの参加を呼び掛けている。

 「3本引き」は雪原の特設コートに長さ16メートルの綱を川の字状態で3本置き、綱引きの要領で先に2本を自陣に引き入れれば勝ち。綱の引き方や選手の配置など、スピード感と瞬時の判断力が求められる。3セットマッチで1セットの時間は40秒。1チーム8人(女性を1人含む)でプレーし、選手登録は16人まで可能。

 入賞チームには2位が賞金10万円とさくら米40キロ、3位は同5万円と同米20キロ、4位は同3万円と同米15キロが贈られる。昨年は地元厚真をはじめ、苫小牧や室蘭、札幌などから46チーム、約700人が参加。寒さを吹き飛ばすような激しい雪上戦が繰り広げられ、盛り上がった。

 同実行委は「震災で大会の開催を協議したが復旧、復興に向けて進むため、開催することにした。真っ白な雪上で熱く燃えてみませんか」と多くの参加チームを募っている。参加費用は1チーム8千円(昼食代込み)。詳細は同実行委事務局、電話0145・27局2456番へ。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...