北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

小幌駅で24、25日にXマスパーティー【豊浦】

クリスマス会が予定されているJR小幌駅(写真と記事は関係ありません)

 周辺に人家がなく、「日本一の秘境駅」で知られる豊浦町のJR小幌駅で24、25日、クリスマスパーティーが開かれる。今年で3回目。徐々に人気を集め、すでに数人が参加予定という。主催者は「冬の『秘境』で、ぜいたくな時間を共有しませんか」と呼び掛けている。

 同駅に停車する列車は、一日上り線4本、下り線2本。周囲に人家はない。JR北海道は、2015年(平成27年)に小幌駅の廃止方針を提示したが、町の人的支援の表明が決め手となり、16年3月に1年間に限り協定を締結。今年で更新は3年目。

 パーティーは、同駅の駅ノート管理人で知られ、同駅周辺の環境維持ボランティアに取り組む水瀬雅美さん=札幌市=が、一時廃止が検討された小幌駅の話題づくりと応援などを目的に、16年から企画している。昨年は稚内や札幌、兵庫県から計5人が参加した。

 今回は「昼の部」と「夜の部」に分けて開催する。両部とも参加費はかからないが、参加者は皆で分けられる飲食物を持ち寄ることが条件(自身が使う食器も持参すること)。冬の屋外で一日耐えられる防寒装備が必要。

 「昼の部」は25日、上り線の小幌駅着午前8時38分で集合。駅近くの広場で食事などを楽しみながら、鉄道談議に花を咲かせる。天気が良ければ周辺の散策も予定している。上り線午後3時13分発と、下り線同44分に合わせ解散する。当日の参加も歓迎している。

 「夜の部」は24日から25日にかけ実施。参加希望者は事前の連絡が必要。昼の部、夜の部に関する問い合わせは、メール(masami@mars.dti.ne.jp)もしくはツイッター@Lavendelstraussで。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...