北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

小幌駅で24、25日にXマスパーティー【豊浦】

クリスマス会が予定されているJR小幌駅(写真と記事は関係ありません)

 周辺に人家がなく、「日本一の秘境駅」で知られる豊浦町のJR小幌駅で24、25日、クリスマスパーティーが開かれる。今年で3回目。徐々に人気を集め、すでに数人が参加予定という。主催者は「冬の『秘境』で、ぜいたくな時間を共有しませんか」と呼び掛けている。

 同駅に停車する列車は、一日上り線4本、下り線2本。周囲に人家はない。JR北海道は、2015年(平成27年)に小幌駅の廃止方針を提示したが、町の人的支援の表明が決め手となり、16年3月に1年間に限り協定を締結。今年で更新は3年目。

 パーティーは、同駅の駅ノート管理人で知られ、同駅周辺の環境維持ボランティアに取り組む水瀬雅美さん=札幌市=が、一時廃止が検討された小幌駅の話題づくりと応援などを目的に、16年から企画している。昨年は稚内や札幌、兵庫県から計5人が参加した。

 今回は「昼の部」と「夜の部」に分けて開催する。両部とも参加費はかからないが、参加者は皆で分けられる飲食物を持ち寄ることが条件(自身が使う食器も持参すること)。冬の屋外で一日耐えられる防寒装備が必要。

 「昼の部」は25日、上り線の小幌駅着午前8時38分で集合。駅近くの広場で食事などを楽しみながら、鉄道談議に花を咲かせる。天気が良ければ周辺の散策も予定している。上り線午後3時13分発と、下り線同44分に合わせ解散する。当日の参加も歓迎している。

 「夜の部」は24日から25日にかけ実施。参加希望者は事前の連絡が必要。昼の部、夜の部に関する問い合わせは、メール(masami@mars.dti.ne.jp)もしくはツイッター@Lavendelstraussで。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

然別コタン 準備着々 26日「開村」【鹿追】

 厳冬期限定の氷と雪の村「しかりべつ湖コタン」(町・実行委主催)が26日に開村する。会場の設営作業が、然別湖畔園地と結氷した湖上で急ピッチで進められている。  今年で38回目を迎える冬の北海...

室蘭民報

高砂5丁目公園で20日に冬を楽しむ集い【室蘭】

 室蘭工業大学生と地域住民が冬季の高砂5丁目公園を盛り上げようと知恵を絞っている。公園を活用した子どもたちが自発的に考えて遊ぶ場「プレーパーク」を定期的に開催。20日にはウインター(冬)バージ...

室蘭民報

だんパラスキー場で2月17日に冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が2月17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれる。今年も市民雪像が並ぶ雪像ゆきまつりinだんパラをはじめ、さまざまな企画が登...

室蘭民報

幌別地区3商業団体が大売り出しと街バル開始【登別】

 登別中央商店会(亀谷和人会長)と登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)、登別中央ショッピングセンター・アーニスは17日から、キラキラほろべつキャンペーンの一環として、大売り出しと街バルを開始し...