北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室高8人が国公立大へ 過去20年で最多【芽室】

 芽室高校(土屋亮校長、生徒474人)の3年生8人が、推薦入試で国公立大に合格した。国公立大の合格者としては、過去20年で最多。同校では「生徒たちには『受験は団体戦』と言ってきた。みんなで勉強しようという雰囲気が高まり、その成果が出た」(学年主任の伊藤智昭教諭)と喜んでいる。

国公立大に合格した3年生

 道教育大釧路校に3人、室蘭工業大に2人、釧路公立大、北見工業大、小樽商科大(夜間部)に1人ずつ合格した。

 同校では現在の3年生が1年生だった頃から、進路指導部と学年団が連携して進路指導の改善に取り組んできた。進学合宿(1月)は1泊から2泊とし、講習時間を増やしたほか外部講師を招へい。従来の朝学習は朝テストに変更、国語・数学・英語で週3~4回は実施した。6点以下(10点満点)の生徒には再テストや課題提出を課した。

 年間の成績優秀者は学年集会で表彰し、図書カードを贈ることで生徒のモチベーションを高めた。

 語彙(ごい)・読解力検定を2・3年次で全員受験させ、ベネッセの優秀団体賞(100人以上受験かつ合格率70%以上)にも選ばれた。「学校は学びの場」との意識付けを行うため、携帯電話の預かり指導も行っている。

 小樽商大に進学する小峯ひとみさん(17)は「朝テストでは、毎朝の積み重ねにより、漢字が身に付いた」と振り返る。室蘭工大に合格した佐藤燿平さん(17)は「冬の合宿で集中的に勉強に取り組むことができた。(推薦試験の)口頭試問に向けて過去の問題を先生からもらったり、放課後は進路指導室で(受験する同級生と)一緒に勉強し、分からないところを教え合ったりした」と笑顔を見せる。

 20日時点で3年生159人のうち136人の進路が決定。高等看護学校には9人が合格している。民間企業の就職は9割が決まり、公務員にも8人が合格した。同校では「一般受験も含めると、国公立も高看の合格者も2桁になるのでは」と期待している。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス