北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室高8人が国公立大へ 過去20年で最多【芽室】

 芽室高校(土屋亮校長、生徒474人)の3年生8人が、推薦入試で国公立大に合格した。国公立大の合格者としては、過去20年で最多。同校では「生徒たちには『受験は団体戦』と言ってきた。みんなで勉強しようという雰囲気が高まり、その成果が出た」(学年主任の伊藤智昭教諭)と喜んでいる。

国公立大に合格した3年生

 道教育大釧路校に3人、室蘭工業大に2人、釧路公立大、北見工業大、小樽商科大(夜間部)に1人ずつ合格した。

 同校では現在の3年生が1年生だった頃から、進路指導部と学年団が連携して進路指導の改善に取り組んできた。進学合宿(1月)は1泊から2泊とし、講習時間を増やしたほか外部講師を招へい。従来の朝学習は朝テストに変更、国語・数学・英語で週3~4回は実施した。6点以下(10点満点)の生徒には再テストや課題提出を課した。

 年間の成績優秀者は学年集会で表彰し、図書カードを贈ることで生徒のモチベーションを高めた。

 語彙(ごい)・読解力検定を2・3年次で全員受験させ、ベネッセの優秀団体賞(100人以上受験かつ合格率70%以上)にも選ばれた。「学校は学びの場」との意識付けを行うため、携帯電話の預かり指導も行っている。

 小樽商大に進学する小峯ひとみさん(17)は「朝テストでは、毎朝の積み重ねにより、漢字が身に付いた」と振り返る。室蘭工大に合格した佐藤燿平さん(17)は「冬の合宿で集中的に勉強に取り組むことができた。(推薦試験の)口頭試問に向けて過去の問題を先生からもらったり、放課後は進路指導室で(受験する同級生と)一緒に勉強し、分からないところを教え合ったりした」と笑顔を見せる。

 20日時点で3年生159人のうち136人の進路が決定。高等看護学校には9人が合格している。民間企業の就職は9割が決まり、公務員にも8人が合格した。同校では「一般受験も含めると、国公立も高看の合格者も2桁になるのでは」と期待している。

関連記事

函館新聞

ヨハネ教会で聖堂コンサート 男声合唱団出演【函館】

 函館聖ヨハネ教会(藤井八郎司祭)の聖堂コンサートが20日、同教会で開かれた。函館男声合唱団が出演し、親しみのある楽曲から宗教曲、函館の歌まで11曲を演奏した。  今年度3回目のコンサートで...

函館新聞

ラグビー人気 函館のスクールにも【函館】

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の躍進効果で、函館ラグビースクールでは、ラグビーをやってみたいという子どもが増えている。  同スクールは1970年設立。一年制で毎年...

釧路新聞

釧路町議選投開票

 任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

運動して牛乳 健康の秋満喫 「みるウオーク」【音更】

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

十勝毎日新聞

ハクチョウ冬を伝えに【幕別】

 十勝地方は20日、高気圧に覆われて晴れ、暖かな朝を迎えた。帯広の朝の最低気温は平年より5.2度高い9度だった。  幕別町依田の畑ではこの日朝、「冬の使者」とも言われるハクチョウが飛来し、羽...