北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

内田さんが対局で恩返し…目標は千時間【室蘭】

ボランティア千時間を目標に施設訪問を続ける内田さん=室蘭市東町、デイサービスセンターかがやき

 「体が動くうちは少しでも社会の役に立ちたい」。そんな思いを胸に、趣味の囲碁・将棋を生かしてボランティア活動に取り組む人が室蘭市内にいる。当面の目標は通算千時間の活動達成だ。

 その人は本輪西町在住の内田駒太郎さん(82)。長年、測量会社を営み、71歳の時に会社を畳んだ。その後は悠々自適の老後を送ってきたが、2年前、社会福祉協議会が募集するボランティアの存在を知った。「これまで多くの人にお世話になった。元気なうちに社会に恩返ししたい」。80歳の社会貢献がここから始まった。

 内田さんのボランティア先は、市内のデイサービスセンター2カ所。火曜日と金曜日を除く毎日施設を訪れ、2時間囲碁・将棋の相手を務める。施設利用者の実力はさまざま。「真剣勝負を願う人にはそれなりに臨みますが、対局を楽しみたいという人がほとんど。相手に喜んでもらうことが目的なので、後一歩のところで勝ちを譲ります」。ボランティアはそのさじ加減が難しいという。

 会社を閉じた年に運転免許証も自主返納したため、内田さんの移動手段は徒歩とバス。しかも「1日1万歩」を自らに課しているため、少しでも遠いバス停まで歩くことにしている。天気の悪い日は送迎の誘いを受けることがあるが「いつもお断りしています」。「ボランティアは自己完結」が信念で「逆に迷惑を掛けたらボランティアになりません」と語る。

 活動累計千時間は、3年目の今年の達成を目標にしていたが、「このペースでいったら来年の夏ごろでしょう」。今は元気な内田さんだが「いずれ誰かのお世話になるときがきます。それまでは少しでも社会に恩返ししたいですね」。その思いを胸に内田さんのボランティア活動は今後も続く。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...