北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

復興クリスマストレイン・富良野~稚内間で運行【名寄・美深】

道が主催した観光列車「復興クリスマストレイン」

 観光列車「復興クリスマストレイン」がクリスマスイブの24日、富良野~稚内間で運行。途中停車駅では地元住民が出迎え、イベントも用意されるなど、胆振東部地震被災地の子どもたちやインバウンド(訪日外国人)観光客たちが冬の鉄道の旅を楽しんだ。

 道が主催して観光列車を運行。道では本年度、「観光列車旅行商品造成検討事業」に取り組んでいるが、9月6日の同地震による影響で道内への観光客が減少していることから、交通、観光復興のシンボルとして内外に北海道の元気を発信しよう―と「復興クリスマストレイン」を企画。被災地の子どもたち、中国や東南アジアなどからのインバウンド観光客を招いた。

 運行ルートは富良野駅を出発し、JR富良野線を経て、旭川駅に停車。その後はJR宗谷本線を経て、名寄駅、美深駅、音威子府駅、幌延駅、豊富駅に停車し、稚内駅に到着。車両はノースレインボーエクスプレス(5両編成)を使用し、車内はクリスマス風に飾り付けられた。この日は晴れ間が広がったり、雪が降ったりと変わりやすい天候となった中、観光列車が運行。車内では被災地の子どもたちがインバウンド観光客をもてなした。沿線では列車を見送ったり、撮影する人たちの姿も。

 途中停車駅では地元住民たちが出迎えながら、イベントも用意。名寄駅では雪玉的当てゲーム、美深駅ではノースレインボーエクスプレスを模した雪像、音威子府駅では「ポケットモンスター」のキャラクターが登場し、乗客たちを楽しませていた。幌延駅での停車中、トナカイが出迎えるとともに、町内の幌延深地層研究センター国際交流施設で昼食会、被災地の子どもとインバウンド観光客の交流会も開かれ、国際交流を深める機会としていた。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...