北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

復興クリスマストレイン・富良野~稚内間で運行【名寄・美深】

道が主催した観光列車「復興クリスマストレイン」

 観光列車「復興クリスマストレイン」がクリスマスイブの24日、富良野~稚内間で運行。途中停車駅では地元住民が出迎え、イベントも用意されるなど、胆振東部地震被災地の子どもたちやインバウンド(訪日外国人)観光客たちが冬の鉄道の旅を楽しんだ。

 道が主催して観光列車を運行。道では本年度、「観光列車旅行商品造成検討事業」に取り組んでいるが、9月6日の同地震による影響で道内への観光客が減少していることから、交通、観光復興のシンボルとして内外に北海道の元気を発信しよう―と「復興クリスマストレイン」を企画。被災地の子どもたち、中国や東南アジアなどからのインバウンド観光客を招いた。

 運行ルートは富良野駅を出発し、JR富良野線を経て、旭川駅に停車。その後はJR宗谷本線を経て、名寄駅、美深駅、音威子府駅、幌延駅、豊富駅に停車し、稚内駅に到着。車両はノースレインボーエクスプレス(5両編成)を使用し、車内はクリスマス風に飾り付けられた。この日は晴れ間が広がったり、雪が降ったりと変わりやすい天候となった中、観光列車が運行。車内では被災地の子どもたちがインバウンド観光客をもてなした。沿線では列車を見送ったり、撮影する人たちの姿も。

 途中停車駅では地元住民たちが出迎えながら、イベントも用意。名寄駅では雪玉的当てゲーム、美深駅ではノースレインボーエクスプレスを模した雪像、音威子府駅では「ポケットモンスター」のキャラクターが登場し、乗客たちを楽しませていた。幌延駅での停車中、トナカイが出迎えるとともに、町内の幌延深地層研究センター国際交流施設で昼食会、被災地の子どもとインバウンド観光客の交流会も開かれ、国際交流を深める機会としていた。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...