北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

復興クリスマストレイン・富良野~稚内間で運行【名寄・美深】

道が主催した観光列車「復興クリスマストレイン」

 観光列車「復興クリスマストレイン」がクリスマスイブの24日、富良野~稚内間で運行。途中停車駅では地元住民が出迎え、イベントも用意されるなど、胆振東部地震被災地の子どもたちやインバウンド(訪日外国人)観光客たちが冬の鉄道の旅を楽しんだ。

 道が主催して観光列車を運行。道では本年度、「観光列車旅行商品造成検討事業」に取り組んでいるが、9月6日の同地震による影響で道内への観光客が減少していることから、交通、観光復興のシンボルとして内外に北海道の元気を発信しよう―と「復興クリスマストレイン」を企画。被災地の子どもたち、中国や東南アジアなどからのインバウンド観光客を招いた。

 運行ルートは富良野駅を出発し、JR富良野線を経て、旭川駅に停車。その後はJR宗谷本線を経て、名寄駅、美深駅、音威子府駅、幌延駅、豊富駅に停車し、稚内駅に到着。車両はノースレインボーエクスプレス(5両編成)を使用し、車内はクリスマス風に飾り付けられた。この日は晴れ間が広がったり、雪が降ったりと変わりやすい天候となった中、観光列車が運行。車内では被災地の子どもたちがインバウンド観光客をもてなした。沿線では列車を見送ったり、撮影する人たちの姿も。

 途中停車駅では地元住民たちが出迎えながら、イベントも用意。名寄駅では雪玉的当てゲーム、美深駅ではノースレインボーエクスプレスを模した雪像、音威子府駅では「ポケットモンスター」のキャラクターが登場し、乗客たちを楽しませていた。幌延駅での停車中、トナカイが出迎えるとともに、町内の幌延深地層研究センター国際交流施設で昼食会、被災地の子どもとインバウンド観光客の交流会も開かれ、国際交流を深める機会としていた。

関連記事

函館新聞

ヨハネ教会で聖堂コンサート 男声合唱団出演【函館】

 函館聖ヨハネ教会(藤井八郎司祭)の聖堂コンサートが20日、同教会で開かれた。函館男声合唱団が出演し、親しみのある楽曲から宗教曲、函館の歌まで11曲を演奏した。  今年度3回目のコンサートで...

函館新聞

ラグビー人気 函館のスクールにも【函館】

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の躍進効果で、函館ラグビースクールでは、ラグビーをやってみたいという子どもが増えている。  同スクールは1970年設立。一年制で毎年...

釧路新聞

釧路町議選投開票

 任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

運動して牛乳 健康の秋満喫 「みるウオーク」【音更】

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

十勝毎日新聞

ハクチョウ冬を伝えに【幕別】

 十勝地方は20日、高気圧に覆われて晴れ、暖かな朝を迎えた。帯広の朝の最低気温は平年より5.2度高い9度だった。  幕別町依田の畑ではこの日朝、「冬の使者」とも言われるハクチョウが飛来し、羽...