北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

復興クリスマストレイン・富良野~稚内間で運行【名寄・美深】

道が主催した観光列車「復興クリスマストレイン」

 観光列車「復興クリスマストレイン」がクリスマスイブの24日、富良野~稚内間で運行。途中停車駅では地元住民が出迎え、イベントも用意されるなど、胆振東部地震被災地の子どもたちやインバウンド(訪日外国人)観光客たちが冬の鉄道の旅を楽しんだ。

 道が主催して観光列車を運行。道では本年度、「観光列車旅行商品造成検討事業」に取り組んでいるが、9月6日の同地震による影響で道内への観光客が減少していることから、交通、観光復興のシンボルとして内外に北海道の元気を発信しよう―と「復興クリスマストレイン」を企画。被災地の子どもたち、中国や東南アジアなどからのインバウンド観光客を招いた。

 運行ルートは富良野駅を出発し、JR富良野線を経て、旭川駅に停車。その後はJR宗谷本線を経て、名寄駅、美深駅、音威子府駅、幌延駅、豊富駅に停車し、稚内駅に到着。車両はノースレインボーエクスプレス(5両編成)を使用し、車内はクリスマス風に飾り付けられた。この日は晴れ間が広がったり、雪が降ったりと変わりやすい天候となった中、観光列車が運行。車内では被災地の子どもたちがインバウンド観光客をもてなした。沿線では列車を見送ったり、撮影する人たちの姿も。

 途中停車駅では地元住民たちが出迎えながら、イベントも用意。名寄駅では雪玉的当てゲーム、美深駅ではノースレインボーエクスプレスを模した雪像、音威子府駅では「ポケットモンスター」のキャラクターが登場し、乗客たちを楽しませていた。幌延駅での停車中、トナカイが出迎えるとともに、町内の幌延深地層研究センター国際交流施設で昼食会、被災地の子どもとインバウンド観光客の交流会も開かれ、国際交流を深める機会としていた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...