北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

SNS映えも意識 成人式前撮り佳境【帯広】

華やかな振り袖姿で前撮りを行う石川さん(市内の京屋呉服店で)

 来年1月に成人式を控え、帯広市内の呉服店や写真館では、晴れ着姿の前撮り(事前撮影)が佳境に入っている。近年はSNSの流行を受け、新成人らの写真へのこだわりもより強まる傾向にあるという。各店では、振り袖に加え髪形や小物にも幅広い選択肢を用意し、顧客の要望に応えるべく心を砕いている。

 市内の京屋呉服店(宮本隆夫社長)では、帰省シーズンを中心に通年で前撮りを行う。宮本征和専務による帯広の自然を生かした屋外撮影に加え、昨年店舗内に開いたスタジオでの撮影も好評だ。新成人や家族の希望に寄り添おうと撮影は1日2組限定。年内は31日まで、年始は1月2日から予約が埋まっている。

 今年度は、定番の赤の他、紺やオレンジの振り袖も人気。販売とレンタルを合わせ約600枚をそろえる。宮本専務は「SNSへの投稿も意識し、髪形などお客さま自身のイメージを伝えられることも増えた」とし、「人生の節目に、写真でいい思い出を残してほしい」と話す。

 帯広出身で現在カナダにバレエ留学する石川ひなのさん(20)は25日、市内の母里香子さんと京屋に来店。祖母と母、親子3世代で選んだ紺の振り袖をまとい撮影し、「成人式出席のため学校の休みを延ばしてもらった。実際に着てみると全然違う」と笑顔を見せた。見守る里香子さんも「晴れ着姿を見られてうれしい」と目を細めた。

 全国チェーンの三松帯広店(藤丸5階、石坂真彦店長)では、母親や親族の振り袖を仕立て直す「ママ振り」にも注力。新成人は、受け継いだ着物を帯締めや重ね襟など自身で選んだ小物と合わせ、個性を表現するという。既に来年、再来年度の予約受け付けも始めており、石坂店長は「年始の初売りからまた忙しくなりそう」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...