北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ほのぼの…2病院内でクリスマス【室蘭】

日鋼記念病院内保育所

子どもたちとサンタが交流したクリスマス会=25日、日鋼記念病院内の保育所「ぷぷにえ」

 室蘭市新富町の日鋼記念病院内にある保育所「ぷぷにえ」で25日、クリスマス会が開かれ、子どもたちがサンタクロースと記念写真を撮るなど交流した。

 同施設の恒例行事。42人の子どもたちは紙芝居を楽しんだ後、全員で「赤鼻のトナカイ」を合唱した。やがて鈴の音とともにサンタクロースがやってくると、子どもたちは「サンタさんだ」「すごい」と大喜び。

 子どもたちは「どうしてトナカイは飛べるの」「サンタさんはどこに住んでいるの」と質問。一人一人がプレゼントを受け取り記念写真を撮った後は、お礼に英語で「きらきら星」を歌った。

大川原脳神経外科病院

院内保育所の子どもたちによる歌などが披露されたクリスマス会=25日、大川原脳神経外科病院

 大川原脳神経外科病院(前田高宏院長)のクリスマス会が25日、室蘭市寿町の同病院で開かれ、入院患者と家族、職員らが、院内保育所の子どもたちによる遊戯や、アカペラサークルの歌声などを通じて、クリスマスムードを満喫した。

 入院患者らがリハビリの一つとして取り組んだ「クリスマス飾り」で彩られる中、院内保育所の子どもたちが「ミッキーマウスマーチ」を歌いながら、かわいらしい踊りを披露。入院患者らにクリスマスカードを贈った。

 室蘭工業大学アカペラサークル「GleeGround(グリーグラウンド)」による「赤鼻のトナカイ」や「ラストクリスマス」など、クリスマスの歌が会場を包み込み、患者らも笑顔を見せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...