北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「山丹服」などずらり 北方民族資料館が展示資料一部入れ替え【函館】

「新たな展示資料を見に来てほしい」と来館を呼び掛ける木戸館長

 函館市北方民族資料館(末広町)は、13日からアイヌ民族をはじめとする北方民族の民族衣装などを中心に並べた第一展示室の資料の一部を入れ替えた。交易によってもたらされた「山丹(さんたん)服」、草や樹皮などのさまざまな素材の衣服、靴などを見ることができる。

 アイヌが「サンタ」(山丹人)と呼んだロシア・沿海州(アムール川下流域)、サハリン(樺太)の北方諸民族と中国・清朝間の朝貢交易品は、さらにアイヌや和人社会にも伝わり、山丹服もその一つ。本来は清朝の役人服で、展示品は明治の豪商、杉浦嘉七が函館支庁仮博物場に寄贈したもの。これまでの展示品より爪が1本多い5本爪の龍が刺しゅうされた絹製品で、より身分の高い人が着ていたものだという。

 アイヌの衣服では、オヒョウなどの樹皮、イラクサといった草の繊維、和人などからもたらされた木綿などの生地で縫われたもので、いずれも展示品を入れ替えた。素材は違っても形はほぼ一緒で、魔除けの意味を持った文様を入れる位置も同じことなど、見比べることで共通性も知ることができる。

 このほか、同化政策を進めた明治政府が禁止するまで男性も使用していた耳飾りなどのアイヌの装飾品、サハリンに住んだウィルタ民族の衣装なども展示。2階の各展示室に変更はないがイクパスイやイナウなど、生活用具や儀礼祭祀の道具なども見ることができ、備え付けのパソコンで音声ガイダンスを聞くこともできる。

 同館では、アイヌの少女が活躍する人気漫画を入り口に関心を持って来館する観光客も増えているほか、2020年4月には胆振管内白老町に国立アイヌ民族博物館や慰霊施設などを核とする民族共生象徴空間「ウポポイ」が開設されることで、木戸忍館長(53)は「2020年に向けて当館でも多くの人の興味を引き上げていきたい。函館市民の皆さんにも来館いただければ」と話している。

 開館時間は午前9時~午後5時(3月まで)。年末年始は31日~1月3日は休館。入館料は一般300円、学生150円。問い合わせは同館(0138・22・4128)へ。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス