北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

NPO法人「森の生活」に北海道貢献賞【下川】

森林散策を楽しんだ児童たち

 人と森林を結ぶ数々の活動をたたえられ、NPO法人森の生活(麻生翼代表理事)が北海道社会貢献賞(森を守り緑に親しむ功労者)を受賞。26日に美桑が丘管理棟で、上川総合振興局北部森林室(美深町)の久米芳樹室長から表彰伝達を受けた。

 森の生活は、2005年に設立。当初からの森林体験プログラムに加え、町内では翌年に町の幼児センターの「森あそび」(月1回、自然を生かした保育活動)、09年に幼児期から高校3年までの成長段階に合わせた「森林環境プログラム」(各学年1回以上)、それらのノウハウを生かして、個人・企業・他地域にも研修を実施している。さらに、14年には「美桑が丘」の指定管理者となり、長年手つかずの雑木林で、地域住民主体の森林整備を始め、散策路整備、危険木除去、たき火スペースの新設など、住民で活用できる森林空間づくりを行っており、月に1度冒険遊び場「みくわの日」も開催している。

 麻生代表、成田菜穂子理事・事務局長、みくわの日ボランティアメンバーの北村賢治郎さんが一緒に、表彰伝達を受けた。

 麻生代表は「下川は地域資源である森林を大切に育み、生かしてきた。その思いを時代に合わせて引継ぎ、地域の子ども、住民が森林に理解を深め、身近に感じる活動に携われて幸せ。森の生活スタッフのみでなく、多くの住民有志がスタッフの一員との気持ちで関わっており、この輪を広げて未来へつないでいきたい。栄えある賞をいただき、皆さんとその価値を再認識できたらうれしい」と語った。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...