北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

焼き肉のプロに認定 金剛園からソムリエ5人、アドバイザー7人合格

全国焼肉協会のソムリエ、アドバイザーの検定試験に合格した社員ら

 苫小牧市内を中心に焼き肉店などを展開する金剛園(本社同市新中野町、須藤精作社長)の社員ら5人が、全国焼肉協会(本部東京)が認定する「ソムリエ」の資格を市内で初めて取得した。「アドバイザー」の検定にも7人が合格。共に焼き肉のプロフェッショナルとしてのお墨付きで、須藤社長は「予想以上の合格者数となった。接客の質向上に期待したい」と話している。

 ソムリエ・アドバイザーの認定制度は、焼き肉の魅力を伝えるとともに安全、安心な提供環境を構築できる人材の育成を目的に創設。同協会に加盟する店舗の社員らを対象に2016年から年1回検定を実施しており、今年で3回目を数える。

 アドバイザーの検定では焼き肉の歴史や肉の部位、接客などの基礎知識を試す70問が出題される。ソムリエにはより深い知識が要求され、食肉流通や畜産についての問題を含む100問。いずれも8割以上の正答率で合格となる。

 11月13日に札幌市内で行われた検定には、同社から11人が挑戦。昨年、初めて10人が受検するも合格者は出ず、4月から月1回の学習会を開くなど地道に勉強を重ねてきた。

 12月6日に合格者が発表され、須藤千恵子副社長、須藤雅也専務、濱輝仁営業部長、佐藤恵一営業マネージャー、藤原大輔総料理長の5人がソムリエに。アドバイザー認定は、このうち藤原総料理長を除く4人と須藤皓行常務、杉本隆本店長、大浅貴弘だんらん亭店長が取得した。

 アドバイザー誕生も、市内の焼肉店では初めて。

 同協会によると、今年の全国の受検者数はアドバイザー240人、ソムリエ239人。合格率は共に約28%だった。

 須藤副社長は「焼き肉の歴史と会社の成り立ちに重なる部分があり、勉強になった」と笑顔。金剛園ろまん亭店長でもある佐藤営業マネージャーは「2回目の挑戦での合格に喜びもひとしお。身に付けた知識を生かし、焼き肉の魅力を届けていきたい」と語った。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス