北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

迎春準備着々 鏡餅作り佳境 大福亭【帯広】

正月の鏡餅作りがピークを迎えた帯広市内の大福亭弥生通り店

 帯広市内の大福亭弥生通り店(西3南29、國重敏教店主)では、つきたての餅を職人が手際よく形成し、鏡餅に仕上げている。

 新年に向けた鏡餅作りは28日から始まった。國重店主(59)は午前0時半に起床し、早朝から作業を始めている。国産のもち米を餅つき器でつき、湯気が立つ熱い餅を素手で丸める。國重店主は「熱々のうちに形を整えなければきれいにならない」とこだわりを語る。

 1年でもこの時期は特に忙しい。29日は鏡餅や切り餅にするため、約130キロをついた。

 鏡餅の大きさは5合から5升まで。企業関係者は「ますます繁盛」の願いを込めて2升5合(8100円)を求めるという。また最近は、若い世代も本物の良さを求めて購入する人が増えているという。

 切り餅は、白や豆、チーズなどが並ぶ(10枚入り。白755円、他は865円)。國重店主は「手作りの鏡餅の重みを感じてほしい」と話す。

 30日は午後7時まで営業。31日は午前10時~午後3時。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...