北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新春彩る 筆さばき 高校書道部が書き初め【帯広】

音楽に合わせたパフォーマンスを披露する帯広南商業高校書道部

 十勝管内13高校の書道部による新春恒例のイベント「書き初め2019~パフォーマンス書の展~」が2日、帯広市内の藤丸(西2南8)・7階催し会場で始まった。2日は3校の書道部員らが参加。3、5、6日も午前11時から、書道パフォーマンスが行われる。

 帯広南商業(牧野愛部長、部員12人)は、「一陽」「来復」「亥」と三つの作品を完成させた他、全員でSEKAI NO OWARIの楽曲「RPG」に合わせて縦1.8メートル、横7メートルの紙に歌詞の一部と「飛翔」という題字を書き入れた。牧野部長(2年)は「今年も全員で希望あふれる活動を広げたい」と思いを込めた。

 帯広柏葉(三宅莉子部長、部員21人)は、ミュージカル映画の劇中歌「ザ・グレイテスト・ショー」に合わせ、全員で「夢」をテーマにしたおよそ縦4メートル、横6メートルの大書を完成させた。三宅部長(2年)は「成功して良かった。これまで準備してきたかいがあった」と笑顔で振り返った。

 帯広大谷(山縣咲良部長、部員9人)はsumikaの「春夏秋冬」に合わせてパフォーマンスを披露。題字の「春夏秋冬」や曲の歌詞を全員でしたためた。山縣部長(2年)は「今年も部員全員で季節を巡りたいという思いを込めた。しっかりと大谷らしさを出せた」と話していた。

 音更町から訪れた女子高校生は「短時間でこれほど素晴らしい作品を完成させて、本当にすごい」と感激した様子だった。

 会場では、大書作品展も併せて開かれている。8日まで(最終日は午後4時まで)。

関連記事

十勝毎日新聞

チームラボ 開幕1週間で5千人に【帯広】

 道立帯広美術館で開催中の体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)の来場者が13日午前11時ごろ、500...

室蘭民報

150年史を朗読劇で…劇団パラムが14日に定期公演【伊逹】

 伊達市の市民劇団「劇団パラム」の第24回定期公演が14日、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれる。伊達150年の節目となる今回は、明治期に北海道に渡ってきた亘理伊達家の移住経緯...

室蘭民報

らいらっくが20日まで作品展、来場者の心癒やす【室蘭】

 室蘭のパステル画サークル「らいらっく」のパステル画展が20日まで、中島町の市生涯学習センター・きらんで開かれている。繊細で優しいタッチが特徴の作品群が、来場者の心を癒やしている。  メンバ...

室蘭民報

21日にみたらで港の写生会、小中学生対象に多くの参加募る【室蘭】

 室蘭市民美術館をささえる会(丸山貴陸会長)主催の第16回港の写生会が21日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭で開かれる。小中学生を対象に、多くの参加者を募集している。  写生会はむろらん港まつ...

室蘭民報

8月3日に市民会館で「守谷弘の音楽展20in室蘭」【室蘭】

 「守谷弘の音楽展20in室蘭」(同実行委主催)が8月3日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。コンサートでは室蘭の美しい景色を荘厳なハーモニーで表現した交響合唱曲「室蘭」(光城健悦作詞)が披露され...