北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新春彩る 筆さばき 高校書道部が書き初め【帯広】

音楽に合わせたパフォーマンスを披露する帯広南商業高校書道部

 十勝管内13高校の書道部による新春恒例のイベント「書き初め2019~パフォーマンス書の展~」が2日、帯広市内の藤丸(西2南8)・7階催し会場で始まった。2日は3校の書道部員らが参加。3、5、6日も午前11時から、書道パフォーマンスが行われる。

 帯広南商業(牧野愛部長、部員12人)は、「一陽」「来復」「亥」と三つの作品を完成させた他、全員でSEKAI NO OWARIの楽曲「RPG」に合わせて縦1.8メートル、横7メートルの紙に歌詞の一部と「飛翔」という題字を書き入れた。牧野部長(2年)は「今年も全員で希望あふれる活動を広げたい」と思いを込めた。

 帯広柏葉(三宅莉子部長、部員21人)は、ミュージカル映画の劇中歌「ザ・グレイテスト・ショー」に合わせ、全員で「夢」をテーマにしたおよそ縦4メートル、横6メートルの大書を完成させた。三宅部長(2年)は「成功して良かった。これまで準備してきたかいがあった」と笑顔で振り返った。

 帯広大谷(山縣咲良部長、部員9人)はsumikaの「春夏秋冬」に合わせてパフォーマンスを披露。題字の「春夏秋冬」や曲の歌詞を全員でしたためた。山縣部長(2年)は「今年も部員全員で季節を巡りたいという思いを込めた。しっかりと大谷らしさを出せた」と話していた。

 音更町から訪れた女子高校生は「短時間でこれほど素晴らしい作品を完成させて、本当にすごい」と感激した様子だった。

 会場では、大書作品展も併せて開かれている。8日まで(最終日は午後4時まで)。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...