北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鍜治に夜間保育施設「やしの夢」開設 低学年児童も対応【函館】

夜間専用の預かり保育施設としてオープンした「やしの夢」

 夜間専用の預かり保育施設「やしの夢 鍛治店」が昨年12月、函館市鍛治1にオープンした。午後6時から翌日午前2時まで、1時間単位で0歳からの乳幼児、小学校低学年児童までの子どもを預けることができ、一時預かりか月額制での利用プランがある。運営会社「やしの木」の高橋明日香代表取締役(24)は「子育てをしていると突発的に誰かの手を借りなくてはならないときもある。お母さんたちの力になることができたら」と話している。

 同社は2017年6月、幼稚園教諭の経験を持つ高橋さんが市内美原1に市内初の企業主導型保育施設として「やしの木」を開設。美容室や飲食店など提携先の企業も増え、利用は堅調に推移している。高橋さんは「徐々に知ってもらえるようになってにぎやかになった。函館は待機児童がいないとは言っても困っている人が多い」と話す。

 姉妹店となる「やしの夢」は、市内鍛治1丁目1の16の住居に開設。夜間利用を望む保護者の要望を受けて準備を進め、児童福祉法上の認可外保育施設としての基準を満たす。必要に応じて、食事や就寝まで対応する。高橋さんは「残業や新年会への参加でも気軽に使ってもらいたい」とする。

 やしの夢の定員は19人。一時預かりの料金は、4、5歳児で1時間当たり500円(午後6~10時、同10時からと午前0時から各100円ずつ加算、年齢によって異なる)。このほかに保険料、冷暖房費などの固定費、食事や寝具なども利用状況に応じて料金が発生する。月額利用の場合は2万5300円から。「やしの木」との継続利用での割引もある。

 当日でも空きがあれば対応するが、早めの予約を呼び掛ける。問い合わせはやしの夢(0138・87・2794)、やしの木(同87・2166)へ。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...