北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鍜治に夜間保育施設「やしの夢」開設 低学年児童も対応【函館】

夜間専用の預かり保育施設としてオープンした「やしの夢」

 夜間専用の預かり保育施設「やしの夢 鍛治店」が昨年12月、函館市鍛治1にオープンした。午後6時から翌日午前2時まで、1時間単位で0歳からの乳幼児、小学校低学年児童までの子どもを預けることができ、一時預かりか月額制での利用プランがある。運営会社「やしの木」の高橋明日香代表取締役(24)は「子育てをしていると突発的に誰かの手を借りなくてはならないときもある。お母さんたちの力になることができたら」と話している。

 同社は2017年6月、幼稚園教諭の経験を持つ高橋さんが市内美原1に市内初の企業主導型保育施設として「やしの木」を開設。美容室や飲食店など提携先の企業も増え、利用は堅調に推移している。高橋さんは「徐々に知ってもらえるようになってにぎやかになった。函館は待機児童がいないとは言っても困っている人が多い」と話す。

 姉妹店となる「やしの夢」は、市内鍛治1丁目1の16の住居に開設。夜間利用を望む保護者の要望を受けて準備を進め、児童福祉法上の認可外保育施設としての基準を満たす。必要に応じて、食事や就寝まで対応する。高橋さんは「残業や新年会への参加でも気軽に使ってもらいたい」とする。

 やしの夢の定員は19人。一時預かりの料金は、4、5歳児で1時間当たり500円(午後6~10時、同10時からと午前0時から各100円ずつ加算、年齢によって異なる)。このほかに保険料、冷暖房費などの固定費、食事や寝具なども利用状況に応じて料金が発生する。月額利用の場合は2万5300円から。「やしの木」との継続利用での割引もある。

 当日でも空きがあれば対応するが、早めの予約を呼び掛ける。問い合わせはやしの夢(0138・87・2794)、やしの木(同87・2166)へ。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...