北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高、家畜に好環境 高校初の認証取得【士幌】

AWの認証取得に関わった畜産専攻班の生徒たち

 士幌高校(近江勉校長、生徒140人)が、家畜にとって快適な飼育環境に配慮する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の認証を取得した。全国の高校では初めて。家畜の病気やストレスの軽減、畜産物の品質向上につながる制度で、同校では校内で生産している生乳の取引乳価の上昇につながった。

 士幌高校では既に一部の作物で、農産物の国際規格「グローバルGAP」を取得。畜産物でも安全性や品質の高さを示す認証取得を模索した。牛の飼料となる牧草は無農薬、無化学肥料で育てているため雑草が茂りやすく、良質な飼料確保などの課題もあった。

 AW認証には初年度に審査を2回受ける。「動物」「施設」「管理」の評価項目で、それぞれ80%以上達成することが条件。昨年9月の1回目の審査では各項目を達成したが、一部の牛のひづめの炎症や、飼料の分量が基準値をやや上回るなどの反省材料もあった。

 昨年12月の2回目の審査ではこれらの課題も改善し、審査を通過。認証取得により、町内の第三セクター「Cheers(チアーズ)」と取引している同校の生乳の乳価は20円上昇し、120円となる見通し。収益は年間92万円増えるという。今後は生乳を使った加工品のブランド化に向け、校内の食品加工研修センターでも来年度、AW取得を目指す考えだ。

 審査員への説明役も務めた畜産専攻班3年の田川幹さん(17)は「(認証取得で)士幌の畜産への注目度が上がる。農業クラブの発表大会でもPR材料が増えるのでうれしい」と話している。

<アニマルウェルフェア(AW)>
 餌や飼育スペースなど動物に配慮した飼育環境を守るという欧州発祥の考え方。認証制度は、道内の酪農関係者らでつくる一般社団法人「アニマルウェルフェア畜産協会」(中札内村、代表・瀬尾哲也帯広畜産大学講師)が2016年に創設した。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...