北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高、家畜に好環境 高校初の認証取得【士幌】

AWの認証取得に関わった畜産専攻班の生徒たち

 士幌高校(近江勉校長、生徒140人)が、家畜にとって快適な飼育環境に配慮する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の認証を取得した。全国の高校では初めて。家畜の病気やストレスの軽減、畜産物の品質向上につながる制度で、同校では校内で生産している生乳の取引乳価の上昇につながった。

 士幌高校では既に一部の作物で、農産物の国際規格「グローバルGAP」を取得。畜産物でも安全性や品質の高さを示す認証取得を模索した。牛の飼料となる牧草は無農薬、無化学肥料で育てているため雑草が茂りやすく、良質な飼料確保などの課題もあった。

 AW認証には初年度に審査を2回受ける。「動物」「施設」「管理」の評価項目で、それぞれ80%以上達成することが条件。昨年9月の1回目の審査では各項目を達成したが、一部の牛のひづめの炎症や、飼料の分量が基準値をやや上回るなどの反省材料もあった。

 昨年12月の2回目の審査ではこれらの課題も改善し、審査を通過。認証取得により、町内の第三セクター「Cheers(チアーズ)」と取引している同校の生乳の乳価は20円上昇し、120円となる見通し。収益は年間92万円増えるという。今後は生乳を使った加工品のブランド化に向け、校内の食品加工研修センターでも来年度、AW取得を目指す考えだ。

 審査員への説明役も務めた畜産専攻班3年の田川幹さん(17)は「(認証取得で)士幌の畜産への注目度が上がる。農業クラブの発表大会でもPR材料が増えるのでうれしい」と話している。

<アニマルウェルフェア(AW)>
 餌や飼育スペースなど動物に配慮した飼育環境を守るという欧州発祥の考え方。認証制度は、道内の酪農関係者らでつくる一般社団法人「アニマルウェルフェア畜産協会」(中札内村、代表・瀬尾哲也帯広畜産大学講師)が2016年に創設した。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...