北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別の彫刻家・北村さんが17日から個展【室蘭】

室蘭市民美術館で個展を開く登別の彫刻家・北村さんと、展示作品の一部

 昨年の第7回「北の聲(こえ)アート賞」で最高賞を受賞した、登別市若草町の彫刻家・北村哲朗さん(62)の個展「地平と辺縁」が17日から、室蘭市幸町の市民美術館で開かれる。自然のエネルギーや、多様な生命の営みなどを抽象的形象で表現した26点が披露される。

 同賞は道内で優れた創造的な文化・地域活動に取り組む個人や団体を表彰するもので、札幌の民間団体、文化塾「サッポロアート・ラボ」が2012年(平成24年)に創設。胆振管内の受賞者は北村さんが初めて。

 北村さんは1980年代後半から独学で彫刻を学び、2008年7月~09年4月まで、スペインのアルテガス財団芸術村で制作活動を行った。室蘭や札幌などで精力的に個展やグループ展を開いている。

 小学生時代に自然豊かな旧大滝村(現伊達市大滝区)で生活した経験が作品に反映されている。素材は大滝区の木を使用。今回の個展では17、18年の近作を披露する。中でも、1本の丸太から彫り出す「一木造り」の作品「玉響」は、高さ2・4メートル、直径50センチの大作。曲線の表現が見事だ。

 北村さんは「彫刻空間を楽しんでいただき、何かを感じてほしい。彫刻を通じた触れ合いができたら」と話し、多くの来場を呼び掛けている。今月27日午後2時からは会場でギャラリートークを行い、制作過程の解説やエピソードなどを語る。展示は3月31日まで。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

然別コタン 準備着々 26日「開村」【鹿追】

 厳冬期限定の氷と雪の村「しかりべつ湖コタン」(町・実行委主催)が26日に開村する。会場の設営作業が、然別湖畔園地と結氷した湖上で急ピッチで進められている。  今年で38回目を迎える冬の北海...

室蘭民報

高砂5丁目公園で20日に冬を楽しむ集い【室蘭】

 室蘭工業大学生と地域住民が冬季の高砂5丁目公園を盛り上げようと知恵を絞っている。公園を活用した子どもたちが自発的に考えて遊ぶ場「プレーパーク」を定期的に開催。20日にはウインター(冬)バージ...

室蘭民報

だんパラスキー場で2月17日に冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が2月17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれる。今年も市民雪像が並ぶ雪像ゆきまつりinだんパラをはじめ、さまざまな企画が登...

室蘭民報

幌別地区3商業団体が大売り出しと街バル開始【登別】

 登別中央商店会(亀谷和人会長)と登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)、登別中央ショッピングセンター・アーニスは17日から、キラキラほろべつキャンペーンの一環として、大売り出しと街バルを開始し...