北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

知内で一番ニラ出荷始まる、品質は上々【知内】

ニラの生育を確かめる野津さん

 ブランド名「北の華」で知られる道内一のニラ産地知内町では、4日からニラの出荷が始まっている。年明け寒波の影響で生育が遅れているため出荷量はまだ少ないが、品質は上々だといい、来週には店頭に出そろう見込みだ。

 年明けの最初に刈り取られるニラは「一番ニラ」と呼ばれ、冬の寒さに耐え糖度が高く、肉厚で歯ごたえが良いことで評判が高い。ハウス14棟でニラを生産する野津明さん(63)=町重内=は7日に刈り取りを始める予定だったが、株の高さが基準の45~55センチに届かず、出荷を2日遅らせた。「ハウスの加温に使う灯油代など、生産コスト上昇は頭が痛いが、品質には自信がある。おいしいニラをお届けできるよう頑張っているので、楽しみにしてほしい」と話す。

 昨年の町ニラ生産組合(組合員70戸)のニラ出荷量は、過去最高の1808トン(出荷額13・6億円)を達成した。同組合は、今年も昨年並みの出荷量を見込んでいるという。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...