北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

話しやすさ選択肢になれば…室蘭拠点、初の女性弁護士・本間さん【室蘭】

「女性が気軽に相談できるようにしたい」と意気込む本間さん

 北海道みらい法律事務所(室蘭市東町)の弁護士、本間寛菜(ひろな)さん(26)。室蘭市内に拠点を置く初の女性弁護士として1カ月がたつ。「相談の内容によっては、女性の方が話しやすいことも少なくない。一つの選択肢になれば」と語る。

 弁護士に興味を抱いたのは高校時代。国選弁護士が不足しているというコラムに目を通したのがきっかけだった。

 決意が固まったのは大学時代。成年被後見人の選挙権訴訟で、違憲判決が出たのは2013年(平成25年)。大学3年の冬だった。所属する法律系サークルでこの判例の研究を重ねた。「人の権利を復活させる職業だと心を打たれた。強い覚悟ができた」と話す。

 同事務所代表の増川拓弁護士(42)は「相談者と弁護士、双方の気持ちが打ち解けるかが重要。さまざまな話をしてもらうことで、裁判に向け良い準備ができる。人当たりの良さや穏やかな性格は弁護士活動に違いを生む」と期待を寄せる。

 昨年12月の出張相談では、緊張気味の年配の女性との会話に、洋服など同性の話題を織り交ぜながら、女性が抱える悩みを引き出した。本間さんは「女医のようなイメージですね」と笑顔で語る。

 一方、「話しやすさが、頼りないというマイナスの印象にとられないように努力を重ねたい」と冷静に分析する。「民事刑事問わず手掛け、この地域の方が、気軽にアクセスできる環境をつくりたい」と活躍を誓った。

 留萌市出身。香川大法学部、北大法科大学院卒。17年、司法試験に合格。18年12月17日から、同事務所で勤務している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...