北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気を博している。

人気を集める「純白ゆり根大福」

 同店が忠類特産のユリ根を使った和菓子の構想を練り始めたのは約2年前から。当時、ユリ根のシュークリームやパンなど洋菓子を製造していたが、幅広い年代や嗜好(しこう)に合わせた商品を開発しようと大福に着目した。

 何度も試作を繰り返して完成させ、昨年8月10日、1パック300円で発売した。道産のもち米を使った餅は弾力のある食感で、白インゲンのあんにはユリ根が練り込まれ、上品でひかえめな甘さが特徴だ。

 お盆シーズンと重なったこともあり、およそ1カ月で2000パック以上を売り上げるなど予想を超える反響があった。購入者からは「おいしい」「甘過ぎないから好き」などの評価を得て、同店の人気商品のひとつに躍り出た。スタッフの河原由紀子さんは「ほんのりとしたユリ根の甘さを楽しんで」と話している。

 今後は各商品とも、ユリ根の魅力をより楽しめるよう改良を加えていく予定。18日からは、人気商品の「純白ゆり根シュークリーム」を進化させたプレミアム(1個180円)を販売する。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...