北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気を博している。

人気を集める「純白ゆり根大福」

 同店が忠類特産のユリ根を使った和菓子の構想を練り始めたのは約2年前から。当時、ユリ根のシュークリームやパンなど洋菓子を製造していたが、幅広い年代や嗜好(しこう)に合わせた商品を開発しようと大福に着目した。

 何度も試作を繰り返して完成させ、昨年8月10日、1パック300円で発売した。道産のもち米を使った餅は弾力のある食感で、白インゲンのあんにはユリ根が練り込まれ、上品でひかえめな甘さが特徴だ。

 お盆シーズンと重なったこともあり、およそ1カ月で2000パック以上を売り上げるなど予想を超える反響があった。購入者からは「おいしい」「甘過ぎないから好き」などの評価を得て、同店の人気商品のひとつに躍り出た。スタッフの河原由紀子さんは「ほんのりとしたユリ根の甘さを楽しんで」と話している。

 今後は各商品とも、ユリ根の魅力をより楽しめるよう改良を加えていく予定。18日からは、人気商品の「純白ゆり根シュークリーム」を進化させたプレミアム(1個180円)を販売する。

関連記事

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...