北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

みそぎ太鼓、囃子の練習に熱 木古内みそぎ祭りで披露へ【木古内】

3日の成人式で披露されたみそぎ囃子

 佐女川神社などで13日に開幕する伝統神事「寒中みそぎ祭り」を前に、行修者を勇壮に盛り立てる「みそぎ太鼓」と、14日に同神社内特設ステージで荘厳に演じられる「みそぎ囃子」の練習が熱を帯びている。幅広い町民が取り組んでおり、町の文化を次の世代に継承しようと奮闘している。

 みそぎ太鼓は、50年ほど前に当時の小島義三町長(故人)の後押しで始まり、以来、祭りに欠かせない要素として多くの町民に親しまれてきた。「別当」「稲荷」「山の神」「弁財天」の4章からなり、今回のみそぎ祭りでも、未就学児から70代までの幅広い世代の町民により「稲荷」を除く3章が披露される。

 木古内中学校3年の岩崎歩海さん(15)は、兄で函館水産高校3年の慎吾さん(18)とともに、5歳の時から太鼓に取り組む。「たたいている間は、何も考えないでスッキリできる」のが醍醐味だという。

 歩海さんは昨年11月に開かれた中学生議会で、「参加者が減っているみそぎ太鼓に、もっと興味を持ってもらいたい」という思いから、大森伊佐緒町長に太鼓の伝承についての考えを質問。町長から「9月に和太鼓ワークショップを企画した。残念ながら胆振東部地震で中止したが、今後もこの取り組みを継続したい」との答弁を引き出した。

 みそぎ囃子は約40年前に始まり、いったんは途絶えたものの、新井田記子さん(61)らが約20年前に復活。3日に開かれた町の成人式でも披露した。4人の舞い手の一人、上野しずくさん(25)は「幼いころからきれいだなと憧れていた」といい「神にささげるものという(おごそかな)気持ちで舞っています」と話す。新井田さんは「今は人数が少なくてできない演目もあるが、上野さんのような若い人にもっと入ってもらえたら」と呼び掛ける。

 みそぎ太鼓、みそぎ囃子についての問い合わせは、松村信子さん(090・3392・3826)へ。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...