北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アンサンブル・ムジーク室蘭が4月に第1回公演【室蘭】

4月27日の第1回公演に向けて練習に励むメンバー

 室蘭出身のバイオリニスト、吉井眞琴さん=埼玉県在住=らが中心となり設立した弦楽合奏団「アンサンブル・ムジーク室蘭」(EMM、金谷一雄代表)の第1回公演が、4月27日午後4時から幸町の室ガス文化センターで開かれる。市内在住者や室蘭にゆかりのある演奏者たちで構成する合奏団。プロ・アマの境目がなく「最高の演奏を目指し、市民に上質な音楽を届けたい」と意欲をみせている。

 EMMは吉井さんが10年前から構想し、演奏仲間などに声を掛け、昨年4月に設立された。バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ピアノといった各演奏者が顔をそろえる。昨秋ごろから市内の音楽イベントやパーティーなどでPRを兼ねた演奏活動を実施している。

 14日午後2時からは、同町の市民美術館で吉井さんらメンバー7人がコンサートを開く。会場では室蘭美術協会創立会員で、戦前から室蘭の文化向上に貢献した画家、高野次郎氏(1905年~86年)の作品展が開かれており、吉井さんは高野氏の孫に当たる。入館、鑑賞は無料で多くの来場を呼び掛けている。

 第1回の公演では「ホルベルグ組曲『ホルベアの時代』より」(グリーク)、大曲の「ピアノ五重奏曲変ホ長調 作品44」と「弦楽セレナードハ長調 作品48」を披露する。元札幌交響楽団メンバーの藤澤光雄さん(コントラバス)、元室蘭市民オーケストラ指揮者の菊地俊一さん(チェロ)らが出演する。

 チケットは16日から発売する。一般前売り千円、当日1500円、高校生以下前売り500円、当日700円。取り扱いはエルム楽器、ぷらっと・てついち、室工大生協パレット、室蘭音楽文化協会、ギンヤレコード店、洞口書店、カメラのアサヒ堂。

 吉井さんは今後について「クラシックバレエや子どもたちとのコラボ、管楽器を加えた演奏などに取り組めたら」と展望している。

主な出演者

室蘭出身のバイオリニスト、吉井眞琴さん(前列左から3人目)らでつくる弦楽合奏団「アンサンブル・ムジーク室蘭」

 ▽バイオリン 吉井眞琴、武石志津子、清原桃子、清原聖子、小野裕介、三好真紀子、後藤紗希、城幹昌ほか

 ▽ビオラ 立木仁、三浦裕加ほか

 ▽チェロ 藤田雅裕、菊地俊一、宗像雅美ほか

 ▽コントラバス 藤澤光雄

 ▽ピアノ 榎木鼓

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...