北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「世界津波の日」高校生サミットに洞爺湖、壮瞥コース検討【札幌】

 世界の高校生が集まり津波防災や大規模自然災害のリスクを学ぶ「(仮称)『世界津波の日』2019高校生サミットin北海道」の開催案が10日、明らかになった。有珠山を有する洞爺湖町と壮瞥町がスタディーツアーのコースとして検討されている。

 1993年(平成5年)に発生した北海道南西沖地震の教訓をはじめ、道が持つ火山噴火や千島海溝地震といった大規模自然災害リスクに備えた事前防災の取り組みを学ぶのが趣旨。開催時期は、胆振東部地震の発生から1年となる9月上旬の5日間で調整しており、地元高校生との交流を通して防災・減災を学ぶスタディーツアー(3日間)と全体会合となるサミット(2日間)を行う。

 ツアーは奥尻島や島牧村、洞爺湖町、壮瞥町を回り南西沖地震や有珠山噴火に理解を深めるA班、釧路市や浜中町、帯広市に足を運び千島海溝地震や十勝沖地震を学ぶB班に分ける。総会や分科会、講演会などのサミットは札幌市で実施する。

 道は1日付で庁内に推進室を設置し、日程や実施内容を調整中。2018年度内には道や道教委などで構成する実行委員会を立ち上げる予定でいる。高橋はるみ知事は昨年末の記者会見で「世界の方々に北海道をアピールする機会になり、将来の防災リーダーを育成する機会につなげたい」と述べている。

 高校生サミットは15年12月に国連が11月5日を「世界津波の日」に制定したのがきっかけ。16年に高知県、17年に沖縄県、18年に和歌山県で開かれている。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...